世界自然遺産、キナバル公園に泊まろう!

キナバル国立公園には複数の宿泊施設があり、公園内に泊まってのんびり世界遺産の自然を楽しむことが可能です。

宿泊施設といっても大きなホテルではなく、小規模なロッジやドミトリーが敷地内に点在しています。2008年以降、リゾート企業傘下のステラサンクチュアリロッジ社に全てのロッジ管理が委託されてからは改装も進み、国立公園の宿とは思えないくらい綺麗で快適になりました。その分以前に比べると料金は値上がりしています。

ロッジごとに部屋の造りや宿泊可能人数などが違うので、各ロッジの特徴を紹介していきましょう。(以下に記載の料金は2014年8月現在の相場です。実際の料金は予約時期、宿泊日、空き状況などにより変動します。)

グレースホステル(Grace Hostel)

グレースホステル

ドミトリーは2段ベッド。他に共用のラウンジとキッチン、シャワー、トイレなどを利用できます

公園事務所に一番近いグレースホステルは2段ベッドのドミトリー。4名または6名の相部屋です。暖炉のある共用ラウンジがあり、シャワー・トイレは共同。ひとり1泊7000円程度。

ロックホステル(Rock Hostel)

ロックホステル

ロックホステルはドミトリーと個室合わせて28名まで泊まれるホステル。食堂や事務所からは少し離れています。

グレースホステルの奥に位置するがこちらのロックホステル。2段ベッドで4名相部屋のドミトリーが20ベッドと、ツインの部屋も4室だけあります。暖炉のある共用ラウンジがあり、シャワー・トイレは共同。ドミトリーはひとり1泊7000円程度。ツインは一室2名で1万5千円程度。

ヒルロッジ(Hill Lodge)

ヒルロッジ

霧に包まれたヒルロッジ。晴れた朝はロッジの前からキナバル山の姿を眺めることができます

六角形のロッジが全部で10室連なっています。ツインまたはダブルベッドの寝室にシャワーとトイレのバスルーム。2名個室としては一番お手頃な料金の割に広々とした部屋でベッドの寝心地も良いです。ただし公園事務所や朝食レストランからは一番離れているので車で来られる方向き。1室2名で1泊1万2000円程度。

リワグスイート(Liwagu Suite)

リワグスイート

リワグスイートはビジターセンターに併設された4室のみのロフトタイプの個室。同じ建物内に売店やレストランがあるので便利です

公園のビジターセンター内にあるホテルタイプのお部屋です。レストランや売店も併設されています。ロフトタイプで下がソファなどのリビングスペース、上のロフト部にダブルベッドがあります。戸建てのロッジよりも虫が入りにくいので、虫が苦手な方にはこちらがおすすめです。1室2名までで1泊1万5000円程度。4室のみ。