ボルネオ先住民族の伝統文化体験施設、
マリマリカルチュラルビレッジ

マリマリ

かつての首狩り族として知られるムルット族の伝統衣装に身を包んだスタッフたち。彼らが伝統技術のデモンストレーションから伝統舞踊の披露まで多才な活躍でお客さんを楽しませてくれます

ボルネオ島は現在は3つの国(マレーシア、インドネシア、ブルネイ)に分けられていますが、もともとは各地域ごとに異なる民族が暮らしており、ここサバ州だけでも大まかにわけて30以上の民族に分けられる多民族、多文化な島です。民族ごとに異なる言語や風習を持ち、様々な伝統文化がその土地ごとに育まれてきました。

旅行でコタキナバルの街に滞在するだけではなかなかそういった背景を知る機会がないものですが、そんな旅行者の皆さんにも先住民族の文化を知ってもらいたいという想いから作られたのが「マリマリカルチュラルビレッジ」。街から車で約30分の森の中にある観光スポットで、アクティビティやデモンストレーションを通じて、楽しみながらの文化体験が出来ます。

見て、聞いて、食べて、飲んで、踊って。
盛りだくさんのアクティビティ

バンブークッキング

参加者が各自で材料をミックスしたものを竹筒に詰めて料理するバンブークッキング。どんな味になってるかはあとでのお楽しみ

ここの特徴はグループに分かれての体験型アクティビティ。村に入る前にグループに分けられ、グループのリーダーを決めます。ビレッジガイドから、かつて首狩り族だったムルット族の村に入る際にはグループのリーダーが代表して村のリーダーとの挨拶の儀式を行うようにとの説明があるので、入る前からみんなドキドキ……。

村の中にはここサバ州を代表する5つの民族の伝統家屋が配置されており、すぐそばを流れる川や森の自然も楽しむことが出来ます。

ガイドの説明を聞きながらの各家屋を周る途中には、地酒の試飲、バンブークッキング、火おこしの実演、お菓子作り、吹き矢体験、ヘナタトゥーなどのアクティビティが用意されており、参加者が実際に体験できるようになっています。

説明メインではなく、五感を使って体験するデモンストレーションやアクティビティが沢山用意されているので、大人だけでなく子供でも、英語があまりわからなくても楽しめるのが魅力です。

村を回った後には伝統舞踊のショーと伝統料理ビュッフェ

ショー

民族楽器の生演奏にのせて伝統舞踊のパフォーマンス。ここのダンサーはイケメン&美女揃い!最後に一緒に記念撮影も忘れずに

村の見学の後には冷たいジュースが出されてひと休み。全グループが揃うと伝統楽器の生演奏にのせて民族舞踊のショーが始まります。

いくつかの民族の伝統舞踊が披露されたのち、クライマックスはムルット族による迫力のバンブーダンス。希望者は一緒に踊れるので、遠慮せずに参加してみて下さい。

民族舞踊ショーの後にはお食事。ボルネオの先住民族の料理を取り入れたビュッフェで、ジャックフルーツのココナッツ煮込みやふかしバナナなど、ここでしか食べられないメニューも用意されています。体験アクティビティ中に作ったバンブークッキングも完成して各自のテーブルへ。どんな味になっているか楽しみですね。

このマリマリカルチュラルビレッジは他の文化村や博物館などと異なり、一日三回のツアーで案内が行われており、参加には予約が必要です。市内の各ツアー会社やホテルで送迎付きのパッケージに申し込めます。

移動も比較的短く、賞味4時間のツアーで午前、午後、夜と時間が選べるので、旅行中の空いた時間や、到着日、最終日などの予定に組み込むにはおすすめのアクティビティです。

<DATA>
■MARI MARI CULTURAL VILLAGE
住所:Jalan kionsom, Inanam, Kota Kinabalu
TEL:013-8814921
料金: 大人160リンギット、子供140リンギット(ホテル送迎、食事込)
所要時間: 午前の回 9:20~13:30  午後の回 13:20~17:30  夜の回17:00~21:30


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。