どのタイプの老け顔になる? 自分の顔をチェック!

自分の現在・過去・未来の顔をチェックしてみましょう。10年前の顔は、フェイシャルヨガでこれから目指していく顔です。10年後の顔を見るのは怖いですが、目を背けずにしっかりチェックして、未来の老化を見極めましょう。

現在の顔

現在の顔

鏡を顔の正面に持ち、目を閉じて顔の力を抜き、顔を脱力したまま目をあけます。これが今のあなたの顔です。

 
10年前

10年前

顔を天井に向けて鏡を見ます。これがあなたの10年前の顔。フェイスラインがシャープに引き締まって、目尻も上がり、ほうれい線やシワもない状態。

 

10年後

10年後

胸の下で鏡面を天井に向けて、鏡を覗き込みます。これがあなたの10年後の顔です。まぶた、目の下、ほほ、あごなどにお肉がたるんでいませんか?






 

顔も矯正できる!? 重力に負けない若顔に!

身体は矯正下着などで重力に逆らうシェイプアップもできますが、顔にかかった重力を常に矯正する道具はありません。全く運動をしないとお腹、お尻、二の腕がたるんでしまうように、顔も鍛えなければ筋力が弱まり、重力に逆らえず、たるむのです。

顔ヨガは、身体の筋トレと同じように表情筋を引き締め、現在の状態から10年前に、あなたの顔を若々しくする顔のストレッチです。重力に負けない、きゅっと引き締まった若顔を目指しましょう!

簡単!顔ヨガのポイント

顔ヨガは1つのポーズが基本10秒! 目安としては一呼吸。いつ行ってもかまいません。トレイやお風呂で、テレビやパソコンを見ている時、生活の中に取り入れて顔ヨガを日常にしましょう!忙しい毎日を過ごしている中で、一日に一度は自分の顔をリセットして「ココロとカラダ」を落ち着かせるためにも顔ヨガを取り入れてみてください。思い切り顔のポーズを行って、ストレスも解消!顔ヨガでスッキリ、リラックスを実践しましょう。

顔ヨガに効果的な基本の呼吸法

ココロを落ち着かせ、深い呼吸をしましょう。基本は鼻呼吸。特別な指示がない場合は鼻から吸って、鼻から吐く。いつも新鮮な空気をおいしく取り込み、吐く時はゆっくりと悪い気を全部吐き出すイメージで。難しいポーズを行う場合、呼吸を止めてしまう傾向がありますが、意識的にゆっくりと呼吸を続けてください。深い呼吸は血液やリンパの流れを促進し、「ココロとカラダ」のバランスを整えてくれます。

最後に

顔ヨガを始める前の準備と簡単なポイントはわかっていただけましたか?
ぜひ実際に顔ヨガを始めて、10年前の顔を取り戻してくださいね!

顔ヨガについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

顔ヨガで目を大きくする!まぶたの垂れもストップ→こちらから
「くちゃくちゃぱっ」で朝のむくみ顔を即効解消!→こちらから


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。