4月は開業の季節

4月になり新年度を迎えました。行政書士試験合格者は、4月に合わせて開業をする方が多くいらっしゃいます。私の受講生も複数の方々がこの4月に開業しました。その際、さまざまなご相談を受けました。今回は、試験合格後から開業への道をお話ししたいと思います。

行政書士試験受験生は、合格後を具体的にイメージすることにより、日々の勉強のモチベーションの維持につながったら幸いです。行政書士試験に関心のある方には、行政書士についてご興味を持って頂けたら幸いです。

合格から登録へ ~目指せ4月開業

開業

自宅の一室でも開業は可能です。

行政書士試験の合格発表は、毎年1月月末です。2月中旬までに合格通知と合格証が届きます。この合格証は、「資格を証する書面」として行政書士登録申請(開業申請)の添付書類になっています。ですから、合格証が届いて初めて登録が可能になります。なお、行政書士は公益職なので、日本行政書士会連合会と各都道府県の行政書士会の会員にならないと、仕事をすることができません。そこで、開業を行う各都道府県の行政書士会を通じて、日本行政書士連合会に申請をしなければなりません。

合格者は、普通、合格証を受け取ってから、その他申請に必要な書類を集めます。そして、新年度という区切りがよいので、4月開業を目指すのです。この時期は登録申請が混み合います。今年の東京会は迅速に事務処理をしており、事務処理期間は1か月前後だったようですが、以前は、申請から事務処理まで2か月くらいはみておいて欲しいと言われたものでした。