司法書士の「合格から開業まで」の流れ

司法書士試験に合格するまでの情報は、ネット上に溢れています。しかし、合格後の情報はほとんどありません。司法書士試験の合格を目指している方の人数に比べ合格する方の人数が少ないため、あまりネット上に情報が出ないのでしょう。

そこで、この記事では、司法書士試験合格後の「合格から開業まで」の典型例をご紹介します。

なお、あくまで「典型例」です。「合格後にすぐに開業する」「合格後もそれまで勤めていた会社を退職しない」など、様々な方がいらっしゃいます。
その話は、司法書士の就職という記事に書きましたので、お読みいただければ幸いです。

司法書士の就職・開業までの典型例

都市部のほうがこの傾向は強いのですが、司法書士試験合格から開業までの典型的な過程は、以下のとおりです。
司法書士試験の合格後の進路(典型例)

司法書士試験の合格後の進路(典型例)



「1.研修を受講」について

司法書士には研修を受ける義務がありますので(司法書士法25条)、合格者は合格後に研修を受ける必要があります。時期は年度・都道府県によって多少異なりますが、ほとんどの研修が司法書士試験合格直後(最終合格発表は11月初旬)の12月から翌年3月にかけて行われます。

司法書士になるすべての方が受ける必要がある研修は、以下の3つです。

■中央研修(前期:12月中旬~下旬、後期:1月下旬)

合計7日間の研修です。前期(3日間、12月中旬~下旬)と後期(4日間、1月下旬)に分かれています。

・前期中央研修(3日間、12月中旬~下旬)
住所により、「東日本」と「西日本」に分けられます。例年、東日本は茨城県のつくば、西日本は兵庫県の神戸が会場となります。よって、多くの方が泊まりがけで研修を受けることになります。
私も、中央研修を受けた時は、つくばのホテルに泊まりました。

(参考)平成28年度の前期中央研修の日程
・東日本(つくば会場):平成28年12月22日(木)~平成28年12月24日(土)
・西日本(神戸会場)  :平成28年12月20日(火)~平成28年12月22日(木)

・後期中央研修(4日間、1月下旬)
後期は、住所により、「北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州」に分けられます。前期よりは細かく分けられますので、泊まりがけになる方は少し減ります。

(参考)平成28年度の後期中央研修の日程
各会場共通:平成29年1月24日(火)~平成29年1月27日(金)

■ブロック研修
北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州のブロックごとに行われる研修です。以下のとおり、ブロックによって日程が異なります。

(参考)平成28年度のブロック研修
・北海道ブロック:平成29年1月13日~1月19日
・東北ブロック:平成29年1月8日~1月14日
・関東ブロック:平成29年1月7日~1月10日、1月12日~1月15日
・中部ブロック:平成29年1月9日~1月15日
・近畿ブロック:平成28年12月10日~12日、16日~18日、24日、25日、平成29年1月7日~9日、14日、15 日
・中国ブロック:平成29年1月6日~1月12日
・四国ブロック:平成29年1月11日~1月17日
・九州ブロック:平成29年1月14日~1月20日

■司法書士会研修(配属研修)
各都道府県(※)の司法書士会が行う研修です。
※北海道のみ、札幌、函館、旭川、釧路の4つの司法書士会に分かれています。

基本的には、「配属研修」といって、実際に司法書士事務所に行って、その事務所で実務を学びます(その他の研修もあります)。実施時期は、都道府県によって異なり、12月に実施する司法書士会もあれば、3月に実施する司法書士会もあります。
※詳細は,各都道府県の司法書士会のWebサイトなどでご確認ください。

全国司法書士会一覧

■特別研修(1月下旬~3月初旬)
司法書士になるために受ける義務のある研修ではありませんが、「特別研修」という研修があります。
これは、簡易裁判所の民事訴訟での代理権を有する認定司法書士になるために受ける研修です。この特別研修を受けると、その後の6月初旬に行われる認定考査という試験を受けることができます。認定考査に合格すると、認定司法書士になることができるようになります。
ほとんどの合格者は、この特別研修も受講します。

研修が4種類もありますが、ほとんどが短期のものですので、司法試験の合格者が受ける約1年間にわたる司法修習と比べると、だいぶ負担は軽いものです。

「2.司法書士事務所に就職」について

「1.研修を受講」の後にしましたが、研修中に就職する方や、研修開始前に就職する方も多くいます。
私も、研修が始まる前の11月に就職しました。

研修は上記1.のとおり4種類ありますが、研修によっては、終日拘束されるものや平日に行われるものもあります。
「それでは、事務所で働きながら研修を受けることは難しいのではないか?」と思われるかもしれません。しかし、事務所を経営されている先生も、ご自身が研修を受講していますので、「この期間は、あまり出勤できないだろうな」と考えて採用するのが通常です。よって、「事務所に勤めながら、研修も受講する」ということは、大抵の事務所では可能です。
私も、研修で出勤できない日は休みをいただき、事務所に勤めながら研修を受講しました。

ただし、研修を考慮せず採用する事務所もあるかもしれません。後々トラブルにならないようにするためにも、必ず就職の面接の際に、「この期間は、研修で休む必要があります」ということを伝えてください。

もちろん、研修終了後の4月以降に就職される方もいますし、認定考査の試験後の6月に就職される方もいます。

就職状況については、以下のインタビュー記事に詳しく書きましたので、事務所への就職をお考えの方はご覧ください。

司法書士の就職・転職のプロに聞いた!就職状況の実際

「3.別の司法書士事務所に転職」について

1つの事務所で1年ほど経験を積んで、他の事務所に転職される方もいます。理由は、1つの事務所だと取扱業務が偏るためです。たとえば、「不動産登記業務がほとんどで、商業登記の依頼がたまにくる程度である」という事務所は多くあります。そうすると、裁判業務や成年後見業務の経験が積めませんので、取扱業務の異なる他の事務所に転職するという選択肢が出てきます。

ただし、この3.の「別の司法書士事務所に転職」という過程を踏まずに開業する方も多くいます。「様々な業務の経験を積んでから開業したほうがよいのでは?」と思われるかもしれません。たしかにそのとおりなのですが、複数の事務所で働いても、開業してからくる仕事で経験のない業務は出てきます。特に開業当初は仕事を選べる立場にはないことが通常ですので、「きた仕事は基本的には何でもする」という姿勢になります。そうすると、通常の事務所では滅多にない依頼であることもあります。

よって、結局はどんな人も「こんな依頼がきたらどうしよう……」と思いながら開業することになります。依頼がきてから勉強することもあります。そのため、1つの事務所の勤務経験のみで開業する方が多いのも実情です。

「4.開業」について

開業形態は、現在では多様化しています。たとえば、以下のような形態があります。

(1)事務所を借りて開業する
(2)自宅開業
(3)共同事務所・合同事務所として開業
(4)他の先生の事務所内で開業

これについては、開業司法書士の年収・月収と開業費用という記事に詳しく書きましたので、お読みいただければ幸いです。