おいしい紅茶がうまれるところ スリランカで人気の紅茶

スリランカ紅茶紀行第3回は、スリランカで人気の紅茶「キリテー Kiri They」について。キリテーは、スリランカのいたるところで飲まれている、まさにソウルドリンク。ゴムプランテーションの休憩所でも、街角の小さなカフェでも、みんなキリテーをのんでます。

スリランカ紅茶局 アルウィス(Mr. ALWIS)さんにもインタビューしました。

キリテーって何?

キリテーとは、ミルクと砂糖が入ったスリランカのミルクティー。
まろやか濃厚ミルクティー

まろやか濃厚ミルクティー

スリランカ紅茶局undefinedプロモーション長undefinedアルウィスさん

スリランカ紅茶局 プロモーション長 アルウィスさん

ホント、国民的ドリンクっていってもいいくらい。「キリカハタ Kiri Kahataといういい方もする」とアルウィスさん。

ご参考までに、インドの“チャイ”とは異なります。「チャイはスパイスも入ったミルクティーですが、キリテーにはスパイスは入っていません。」とアルウィスさんはこの点を強調。

 

キリテーの特徴は?

その特徴は、
・紅茶:細かい茶葉(ダストとかファニングスというグレード。茶葉はもちろんスリランカ産)が用いられます。
・砂糖:グラニュー糖、スプーン2~3杯くらいとやや多めの砂糖を使います(量については、人それぞれ、ショップによっても異なるようです)。
・ミルク
:粉ミルクを用います。

アルウィスさんによると、「粉ミルクは主に都市部で使われることが多く、都市部以外のところでは、コンデンスミルクが使われることも多い」とか。スリランカでは、酪農が盛んではないため、生乳を用いることはほとんどなく、ニュージーランド、ヨーロッパ、インドなどから輸入した粉ミルクが流通しています。

フォームミルクつくりに欠かせない

フォームミルクつくりに欠かせない

スリランカで最も人気の粉ミルク、キリテを作るにも一番用いられているのが、「アンカー Anchor」という粉ミルク。脂肪分が29.3%と高く、キリテの仕上がりに欠かせないフォームドミルクをつくるのに重要な役割を果たしています。

キリテーの見た目:ティーカップに入ったキリテーの表面は泡立ちミルクに覆われています。



>>次のページでは、キリテーの作り方をご紹介します。