金曜開催! ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ花火の楽しみ方

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ名物の花火。金曜にホテル前のビーチで打ち上げられる

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ名物の花火。金曜にホテル前のビーチで打ち上げられる

金曜の夜、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのスーパープールで行われるハワイアンミュージックとダンスのショー「ロッキン・ハワイアン・レインボー・レビュー」。このショーのフイナーレに打ち上げられる花火は、ワイキキに滞在する旅行者みんなが心待ちにしているイベント。ハワイ旅行の思い出となること間違いなしのビュースポットをご紹介します。

大迫力! 頭上で開く大輪の花火を見よう

打ち上げ場所は、デューク・カハナモク・ラグーンとビーチの間

打ち上げ場所は、デューク・カハナモク・ラグーンとビーチの間

花火の打ち上げ予定時間は、金曜19時45分頃から(5~8月は金曜20時頃から)。5分ほどの短い時間ですが、次々に連発される花火は圧巻! 打ち上げ場所であるヒルトン前のビーチでは、頭上で開く大輪の花火を見ることができるんです。砂浜に座りながら見るのもよし、寝転んで見るのもよし。胸に爆発音が響く大迫力です。

ヒルトンラグーンのアラワイ・ヨットハーバ側から。低く上がる花火は迫力満点

ヒルトンラグーンのアラワイ・ヨットハーバ側から。低く上がる花火は迫力満点

また、ヒルトンラグーンのアラワイ・ヨットハーバー側の砂浜は、ワイキキの夜景バックに花火を鑑賞できるスポット。予約はできませんが、ヒルトンのオーシャンフロントにある「トロピックス・バー&グリル」のテラス席も花火鑑賞の特等席ですよ。

ワイキキビーチの花火ビュースポット

アウトリガー・リーフ前のグレイズ・ビーチ堤防より。画像右の明るい砂浜が人気の鑑賞スポット、フォート・デルッシー・ビーチ

アウトリガー・リーフ前のグレイズ・ビーチ堤防より。画像右の明るい砂浜が人気の鑑賞スポット、フォート・デルッシー・ビーチ

ワイキキビーチにも花火がきれいに見えるスポットがあります。まずは、ヒルトンのダイヤモンドヘッド側に位置するフォート・デルッシー・ビーチ。その先、アウトリガー・リーフ前のグレイズ・ビーチからも遮るものなく花火を見ることができます。

残念ながらワイキキ中央のクヒオ・ビーチ付近からは、建物が花火を遮り、見ることができません。花火は小さくなりますが、ワイキキ東側の突堤、カパフル・ピア。そして、クイーンズ・ビーチからカイマナ・ビーチへ続く海沿いの遊歩道もビュースポットです。ただし、人通りが少なく周囲も暗くなるのでご注意を。

アラモアナ・ビーチパークのマジックアイランド

サンセットの名所でもあるアラモアナ・ビーチパーク

サンセットの名所でもあるアラモアナ・ビーチパーク

ヒルトンを挟んでワイキキとは反対側。アラモアナ・ビーチパークにある人工半島、マジックアイランドも花火の鑑賞スポットです。マジックアイランドはサンセットの名所でもあるので、日の入りが遅い夏場(5~8月頃 ホノルルの日の出・日の入り時間)は、サンセット鑑賞の後に花火鑑賞をすることも可能。ただし、夜間は人影が少ないため、花火鑑賞後は早めに公園を出るようにしましょう。

レストラン、クルーズ、タンタラスからも花火鑑賞

トランプからの眺め。ロビー階のバー「ワイオル」もビューポイント

トランプからの眺め。ロビー階のバー「ワイオル」もビューポイント

アラモアナセンター海側にある「マリポサ」、カカアコの「53 バイ・ザ・シー」、ワイキキ東端のコロニーサーフ内「ミッシェルズ」など、花火を見ながらディナーが楽しめる高級レストランも人気です。窓側席の予約はお早目に。また、クイーンズ・ビーチの遊歩道沿いにあるプレートランチ店「ベアフット・ビーチ・カフェ」は、花火と生演奏、週末限定BBQメニューが楽しめる穴場ポイント。アラモアナセンター2階の海側駐車場も穴場ですよ。

ワイキキ沖のディナークルーズ、タンタラスの丘夜景ツアーも、金曜は花火が見える豪華バージョンです。詳しくは、オプショナルツアー予約代理店でどうぞ。

<関連記事>
<DATA>
Rockin' Hawaiian Rainbow Revue(ロッキン・ハワイアン・レインボー・レビュー)
開催日:毎週金曜 開演19:00 ※花火打ち上げ 5~8月は20:00頃~、9~4月は19:45頃~
料金:プールサイドのテーブル席のみ有料で30ドル(マイタイ、またはパンチ1杯付き)。当日券はスーパープール入口にて18:00~開演まで販売
会場:2005 Kalia Rd. ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ スーパープール
TEL:ホテル代表 808-949-4321
Save
保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。