世界中で最も天体観測に適したスポットを訪れるツアー

 

 山頂の天文台群

ハワイの主要四島の中でも、「ビッグアイランド」と呼ばれるハワイ島は、「島」とは思えないほどスケールの大きい自然と出会うことができます。

マウナ・ケア山もその一つ。
マウナ・ケアとは、「白い山」という意味。富士山よりも高い4205メートルもの標高があるので、南の島ハワイにありながら、冬には山頂に雪が積もります。

この山頂は、「世界中で最も天体観測に適したスポットの一つ」と言われています。理由は、大気中の水蒸気量が少なく、人工の光も少ないため、夜空がくっきりと見えること。そして、年間300日の晴天に恵まれること。低緯度にあるため、南北両方の天体を幅広く観測できること。
そこで山頂には、世界11ヶ国の計13基の天文台が設置されており、日本の「すばる望遠鏡」もその一つです。

このツアーは昼過ぎにホテルを出発。まず標高2800メートルのところにあるオニヅカ・ビジタ・センターへ行き、お弁当の夕食をいただきます。
そして標高4205メートルのマウナケア山頂に向かい、雄大なサンセットを堪能します。その後、300メートルほど下った星空観測ポイントで、スターゲイジングを楽しみます。

夕日と星空の両方を満喫できるロマンチックなこのツアー。
ハワイですが、寒いので厚着を心がけてご参加くださいね。

■マウナケア山頂とスターゲイジングツアー
取扱会社:HIS
ツアー料金:US$160.00(約16,260円)~
所要時間: 8時間
子供参加:不可
HP:http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/KOA0016.htm

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。