朝バナナダイエットの方法

  1. 朝ごはんにバナナを食べる。種類の指定はなし。スーパーや果物屋さんですぐ手に入る安価なものを。本数は1本。お腹がすくようならば、2本でも。
  2. 昼食、夕食は、好きなものを好きなように好きなだけ食べる。

一定期間続けることがポイント

上記の具体的な方法を読んでいただければわかるように、方法はいたってシンプル。朝食にバナナを食べる。それだけです。

難しいことはなにもありませんが、唯一のポイントは、バナナ以外は食べないことと、一定期間(できれば2週間)続けることです。太るのが日常の積み重ねである以上、痩せるのもまたある程度の時間を積み重ねねばなりません。

そして、続ける秘訣は安くて美味しいバナナを選ぶことと、朝食以外は好きなものを食べることです。

体重以外にも嬉しい効果

もともと便秘とは無縁でしたが、朝バナナを続けている間はさらに快腸で、体がかるく感じられました。お腹もへっ込みましたし、お肌の調子もよし。半年以上続けましたが、最初の1ヶ月で2キロは落ちましたね。

それに、朝はバナナだけと決めていると、朝食に時間がかからずにすみます。バナナは通年とおしてあまり価格変動もありませんし、ひと房数百円で3~4本はついていますから、お財布にもいいです。

良かった点

実際の効果でもあげたように、胃腸の調子がよくなり、体重がへり、肌の調子もよく、朝の時間を有効活用でき、お金が節約できる。この5点です。

悪かった点

バナナ嫌いにはお勧めできないこと。それから、どんなに好きでも毎朝ではさすがにあきることでしょうか。

続けることが大切

いつも書くことですが、継続は力なりです。まずは1週間つづけてください。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。