その日食べたものを全て書きこむ

 

 

自分の食べた物、飲んだ物を正直に、アメ1個も隠さず記入して、「自分が何を食べたか」ときちんと向きあう……レコーディングダイエットの成功の秘訣は、まさにここにあると思います。

いつも食べた物を書き留めるには、持ち歩けるサイズの手帳が一番です。ちょっとオシャレで上質な手帳とペンを買うのもおすすめ。
無駄にしないように頑張ろう!と気合いが入ります。

毎朝、体重と体脂肪などを計ったら手帳に記入。
朝、昼、晩、食事、おやつ、飲み物など、自分が食べたり、飲んだりしたものを書き込むだけです。

カロリーも記入すると無駄な摂取が明らかに

手帳には、持ち歩きタイプのカロリー表をはさみ、おおまかにカロリーも書き込みます。スマホでカロリーアプリなどを使って調べるのも良いでしょう。

自分がどれだけ無駄にカロリーを摂取しているかを把握できます。

また、ビタミンが不足してる、肉ばかり食べてるなど、栄養のバランスにも気が付きます。

とにかく正直に自己申告するのがコツです。
1日の終わりに見ると「こんなに食べてたの!」と自分でびっくりすることで、次の日からのダイエットのモチベーションがあがります。

食べるものを気をつけるように

最初は、こんなに食べているのか!と気がついて、食事や飲み物に気をつけるようになり、2週間ほどで1~2キロはストンと落ちます。

その後、停滞期に入っても焦らずに、カロリーよりも栄養のバランスを考えて食べていると、また痩せる時期に入ります。

食事を自然とセーブ

すべて正直に書く!と心に決めると、「一口だけ食べちゃえ!」と思っても、手帳に記入するのが面倒なのでストップすることができます。

いままで、衝動的に食べていた物が自然とセーブできます。

自分に正直なことが成功のポイント

漠然とダイエットしているより、自分の食生活と向き合えるレコーディングダイエットのほうが、自発的に我慢することができます。

成功のコツは、とにかく自分に正直であること。

面倒だから書かないでいいや!……をやってしまうと続かなくなります。

全て書くことで、自分が無駄に食べていたことや、甘い物、脂質の多い物ばかり食べているなどの食生活の欠点がわかるので、いいデータになりますよ!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。