足を小刻みに揺らしてダイエット

お尻の下に厚めのクッションを敷き、座禅をする様な姿で座ります。背筋を伸ばして、片方の足をその体勢のまま小さく50回上下に揺すります。同じく、もう片方の足を上下に小刻みに揺すっていきます。

次に、両足を前に伸ばします。伸ばしたままの状態で、足を同じく上下に揺すります。こちらも50回小さく動かしていきます。今度は大きく足を広げて、片方の足から上下に揺すります。

次に、体育座りのようになるまで足を閉じて曲げます。両足を閉じた状態で、今度は前に伸ばします。その動作を空中に足を浮かした状態でゆっくりと10回行います。終了した後には、前に足を伸ばして筋を伸ばすストレッチを行います。

上手に燃焼するためのポイント

あまり大きく足を動かさないのがポイントです。大きく動かしてしまうと、足への負担が大きくなってしまいます。それに、大きく動かす事で足が筋肉質になってしまう事もあります。

程よく小さく揺する事で、足の脂肪も程よく燃焼してくれます。お好みで、順序を決めて行っても良いです。背筋を伸ばす事で、揺するのがやりやすくなります。お尻が痛い人には、椅子の上に座りながら行っても良いです。

下半身に現れた効果

太ももが4cm程ほっそりとしました。4cmでも、結構太ももがほっそりとします。同時に太ももも少し細くなりましたし、お尻もほっそりとしました。下半身全体に効果があり、バランスの良い足になれます。

無理のないダイエット方法

座りながら出来るので、無理なく出来ます。足を小刻みに動かすので、そんなに負担が無いのが良いです。

ただお尻が少し痛くなってくるのが弱点です。ちょっと最初の頃は、その細かく揺らすのが難しい事もあります。

小刻みに動かす事で、ストレスを発散する効果もあります。本を読みながら行うと、結構楽しく出来ます。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。