うららかな春の晩酌献立レシピのポイント

春の食材は独特の香りや食感、歯触りを楽しめるものが多く、日々の献立も簡単な調理で美味しく仕上がるものが多いです。今回はおもてなしにもぴったり、彩り鮮やかな春の晩酌献立レシピをご紹介します。ホタルイカやあさり、ソラマメやたけのこなど今が一番美味しい食材を積極的に献立に取り入れてみましょう。

 

あさりはシンプルな調理がおすすめ

写真

味噌汁にしてもあさりの旨みを楽しめます

これから潮干狩りのシーズンにもなり、店頭には身が大きくふっくらとした身質のあさりが並びます。あさりには造血作用のあるビタミンB12や鉄などの栄養成分が多く含まれています。





 
 

ホタルイカは産卵期の今が旬

写真

簡単に作れる和風マリネ

ホタルイカは産卵期である4月が旬の魚介類。春の夜、水揚げされる際に青白く体が光るさまはとても神秘的です。この時期にしか味わえないプックリと張った身の柔らかい食感と独特のワタの甘みや苦みをお楽しみください。






ソラマメはやさしい甘みが特徴

写真

春らしい鶯色を料理に活かします

ソラマメにはたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれています。独特の風味とやさしい甘みがあり、塩茹でするだけでお酒のおつまみにもぴったりです。さやに入っていると保存がききますが、一旦さやから出し加熱すると変色しいたみも早くなります。調理したら早めに使い切りましょう。




 

様々な料理に活用できる新たまねぎ

写真

独特の甘みとシャキシャキとした歯触りが特徴

この時期出回る新たまねぎは辛みが少なく、シャキシャキとした歯触りが楽しめますので和え物やサラダに向いています。また加熱すると甘みが増しシンプルな味付けでも美味しく召し上がれます。通常のたまねぎに比べ水分が多いので保存がききません。なるべく早く使い切りましょう。





それでは、これらの食材を使ったうららかな春の晩酌献立レシピをご紹介します>>