黒田さん推奨の発酵バターを炊飯器で作ってみる!

所要時間:60分以上

カテゴリー:その他手作り調味料

 

炊飯器で作る、発酵バター

手作り・保存食品ガイドの黒田さんの発酵バターを作りたいと思ったのですが、残念なことに、我が家のレンジには発酵機能がついていません。黒田さんによれば、「40℃で6時間の発酵が必要」ということなので、ならば炊飯器でやればいいのでは? と思い立ち、やってみました。結果、予想通りの大成功です! よろしければ、一度お試しください。

▼おすすめレシピ
・さらに進化!!炊飯器の上で作る発酵バターのレシピ
・黒田さんの発酵バターのレシピ

バター餅の簡単な作り方
たっぷりバターの炊飯器塩パン


炊飯器発酵バターの材料(一回分

発酵バター材料
生クリーム 1パック(200ml)
ヨーグルト 大さじ1
生クリームは脂肪分の多い動物性のものを使います。今回使ったのは乳脂肪分45%です。

炊飯器発酵バターの作り方・手順

炊飯器で発酵バターを作る

1:用意する道具

炊飯器、普通の温度計(100均ショップで買える)、ケーキクーラーなど丸い網、クリップ1個、ハンドミキサー。

2:炊飯器に湯と網を入れ、ヨーグルト混ぜ生クリームをセット

炊飯器に湯と網を入れ、ヨーグルト混ぜ生クリームをセット
生クリームの口を開け、清潔なスプーンで、口を開けたばかりの新鮮なヨーグルトをすくって入れてよく混ぜ、口をクリップで止める。炊飯器の内釜に、熱湯を1の線位(網より下)まで注ぎ入れ、網(ケーキクーラー)を入れ、ヨーグルト入り生クリームをのせ、隣に温度計を置く。
湯を入れるのは釜の保護と、釜内の温度を安定させるため

3:蓋をして、40℃前後で6時間発酵させる

蓋をして、40℃前後で6時間発酵させる
中が見えるようガラス蓋をして、保温スイッチを入れる。しばらくして40℃になったら蓋に隙間をあけて、40℃に保ちながら6時間発酵させる。上がり過ぎたら保温スイッチを切って様子を見ても良いが、温度の下がり過ぎには要注意!
一般的に、保温温度は60℃なので、隙間を開けて蓋をして温度を下げる

4:6時間後発酵終了

6時間後発酵終了
6時間後発酵終了。そっと中を覗いてみると、つやつやなプリン状に固まっている様子。口をクリップで閉じ直して、冷蔵庫で三日間休ませる。

5:冷蔵して70時間後、寝かせ終了

冷蔵して70時間後、寝かせ終了
70時間後に冷蔵寝かせ終了。

6:大きめのボウルに取り出す

大きめのボウルに取り出す
大きめのボウルに取り出す。

7:ハンドミキサーで混ぜる

ハンドミキサーで混ぜる
ハンドミキサーの強で混ぜる。5分ほど混ぜてる内に、だんだん分離してくる。
なかなか分離しないので気長に混ぜる

8:黄色っぽくなって分離し始める

黄色っぽくなって分離し始める
うすい黄色になって分離し始める。だんだん水分が出てくるので、混ぜ難いようであれば、水分(ホエー)を別の容器にあけて、更に、なめらかになるまで混ぜる。
このとき水分が飛び散って周囲を汚すので、ボウルは大きめがお勧め!

9:なめらかになったら混ぜ終わり

なめらかになったら混ぜ終わり
なめらかになったら混ぜ終了。残ったホエーをあける。

10:キッチンペーパーで包んで水気を抜く

キッチンペーパーで包んで水気を抜く
キッチンペーパー2~3枚で包んで水抜きする。ホエーは捨てないで料理に使う。ペーパーがびしょびしょになったら取り換える。
画像はホエーと水抜き中のバター

11:バター完成

バター完成
水気が抜けたら無塩の発酵バター完成。小分けして好きな味に味付けする。

12:ノーマル味と蜂蜜味の発酵バター

ノーマル味と蜂蜜味の発酵バター
右側が塩味をつけた発酵バターで、左が蜂蜜バター。
蜂蜜バターを焼き立てパンケーキの上にのせて食べれば至福の極み

ガイドのワンポイントアドバイス

ヨーグルトを混ぜた生クリームを、炊飯器の保温機能を使って発酵させます。一般的に、保温した時の内釜の温度は60℃位なので、蓋を少しあけて余分な熱を逃がしてあげて、40℃前後に保ちます。温度が上がり過ぎたら蓋を大きく開けます。様子を見ながら時々スイッチを切ってもいいです。理科の実験的な要素のある調理方法です。楽しんで作ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。