ギネスブックにも載っている!
香港が誇る、音と光のショー、シンフォニー・オブ・ライツ

ヴィクトリア湾を舞台にしたショー、船からの観賞もおすすめ

香港政府観光局が主催している無料のショー 写真提供:Tourism Commission

香港の観光で外せないものといえば、ギネスブックに「世界で最も長期間継続されている、大規模な光と音のショー(Largest Permanent Light and Sound Show)」として掲載されている、シンフォニー・オブ・ライツ毎晩20時になると、香港を代表する豪華なショータイムのはじまり、はじまり! その舞台はビクトリア湾とそれを挟む香港島と九龍側のビル群……というダイナミックな演出。香港島の海沿いにある23のビルと、九龍にある22のビルが音楽とナレーションにあわせてレーザーライトが当たったり、カラフルにライトアップしてショーは進行していきます。

13分間のショーは5部のテーマから構成され、そのテーマとは「目覚め(awakening)」「エネルギー(energy)」「ヘリテージ(Heritage)」「パートナーシップ(partnership)」「セレブレーション(celebration)」。「ヘリテージ」では中国の音楽にあわせて、中国では縁起のいい赤と金色の光を使ったり、「パートナーシップ」では香港側と九龍側の両サイドをレーザーの光で結んだりと、テーマに沿ってのパフォーマンスを演出しています。


おすすめの鑑賞スポット

おすすめの鑑賞スポットは?

 

観賞スポットは九龍側から香港島を眺めるのなら、チムサーチョイのプロムナードGoogleマップ)。クロックタワー近くの展望エリアの上階からがベストポイント。混むので30分前には着いておくと前の方で見られます。お手洗いは香港文化中心の中にありますが、こちらも混み合うのでお早めに。香港島から九龍を眺めるにはワンチャイのゴールデン・ボウヒニア・スクエアGoogleマップ)がおすすめ。この2箇所ではショーを見ながら、設置されてあるスピーカーから音楽とナレーションを聞くことができます。ナレーションは月、水、金曜は英語、火、木、土曜は北京語、そして日曜日は広東語。残念ながら日本語はありません。曜日に関係なく、33-665-665に電話をすると、英語で聴くことができます。
クルーズからの鑑賞もおすすめ

 

またスターフェリーのハーバークルーズアクア・ルナに乗って、海から眺めるのもおすすめです。クルーズは大人気なので事前予約が必要。香港インターコンチネンタルホテルのロビーラウンジでカクテルをいただきながらの観賞もロマンチック!

<DATA>
A Symphony of Lights
営業時間:毎晩20:00~
キャンセル:台風警報シグナル3以上発令時
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。