年金を増やす「鉄則」ってあるの?

平成27年10月に公務員が加入する共済年金が厚生年金に統合される。それに伴い公務員独自の3階部分である「職域加算」も廃止となる予定

平成27年10月に公務員が加入する共済年金が厚生年金に統合される。それに伴い公務員独自の3階部分である「職域加算」も廃止となる予定

少しでもたくさん年金を受け取りたい! というのは誰しも思うことだと思います。将来受け取る年金を「少しでも増やすにはどうすればよいか?」考えてみたことがある方は多いのではないでしょうか?

たまに「“裏ワザ”のようなものがあったら教えてください!」と言われたりします。残念ながらそういったものはないわけですが、どうすれば受取額が増えるのか? という問いには答えることができます。

実際、年金をたくさん受け取っている人もいますし、少ししか受け取っていない方もいらっしゃいます。そこで、当たり前だけど知っておきたい「年金を増やす鉄則」についてご紹介したいと思います。

やはり、年金は1階建てより2階建て

それでは、まず第1条! 「雇用者として働くこと!」です。日本の公的年金制度は1階部分が全国民共通の基礎年金、2階部分が被用者年金といわれる、会社員や公務員の方が加入する厚生年金、共済年金ということになります。

会社員や公務員の方については、1階部分に加え2階部分も受け取れることになりますので、2階部分を受け取れる分有利ということになります。1階部分のみの代表格としては、自営業者の方が該当します。

自営業者の方も会社を設立して役員として厚生年金に加入することができます。会社の社長や役員の方についても「会社に使用されている」ということで厚生年金に加入しています。

続いて、第2条! 「長く働くこと!」です。公的年金は加入期間が長ければ長いほど年金額が増える仕組みになっています。従って、会社員や公務員として長く働けば、その分加入期間が増えますから、厚生年金、共済年金を多く受け取ることができることになります。

最近は60歳以降も働き続ける方が増えています。そうすると、働いている間の給料収入に加えて、加入期間も増えますから、リタイア後に受け取る年金が増えることになります。ただし、加入年齢の上限(70歳)があります。

>>まだまだあります「年金を増やす鉄則」。次のページでご紹介します!