これぞ豪邸! ガウディ初期の名作 「グエル邸」

 

 

ガウディ初期の傑作として評価の高いこちらは、実業家グエル氏の個人住宅として1885年から1890年にかけて建築された作品です。

カサ・ミラやカサ・バトリョが集合住宅だったのに対して、こちらは富裕層の個人住宅というだけあり、内装や装飾は非常に手を掛けて作り込まれており、特に1階はまるで迎賓館にでも招待されたかのように感じる、素晴らしい建築です。

室内には複数の寝室、使用人の部屋、来賓用のサロン、演奏会場(楽団室)、ビリヤード室、そして 厩舎など様々な用途別の部屋やスペースがあり、グエル一家の豪華な暮らしぶりが伺えます。また、実際に使用されていた家具も展示されているので、当時の生活を肌で感じることができます。

こちらには安心の日本語のガイドブック、音声ガイドが用意されています。これらを使いながらゆっくりと見学して、だいたい2時間程度でひととり周れるでしょうか。

ただ豪華なだけではない、ガウディ独特のセンスが散りばめられたこちらの建築は、ぜひ、時間を掛けてじっくりと堪能していただきたいスポットのひとつです。


■グエル邸
・住所:Nou de la Rambla, 3-5 08001 Barcelona
・営業時間:10:00~20:00 (10月~3月は17:30まで)それぞれ閉館1時間前が最終入場時間
・休業日:祝日でない月曜日 その他、年に数回の休業日があるようなので詳しくはHPでご確認下さい。
・URL:www.palauguell.cat

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。