開店時間前に行列ができるチョコレートカフェ、ラ・パジャレサ

ラ・パジャレサ

お休みのお店が多い日曜日に行けるのも嬉しい

スペインの名物チュロスは、地元ではホットチョコレートに浸して食べる人気の朝食やおやつメニューです。バルセロナでは、チュロスとチョコレートはパン屋やケーキ屋にはなく、専用のスタンドか、「グランハ」と呼ばれるホットチョコとチュロスがウリのデザートカフェで食べられます。今回は、老舗のグランハ、ラ・パジャレサをご紹介します。

ラ・パジャレサは、旧市街の中でも最も古い通りの1つ、ペトリショル通りにあります。観光名所のランブラス通りに近いので、旅行者でも訪れやすいお店でしょう。開店時間前にはお店の前に地元の人で列ができるほどの人気店! ですが、回転も恐ろしくいいので、待ち時間はかかりません。ただしその分慌しくゆっくりくつろぐ雰囲気ではない……のでご注意を。

ラ・パジャレサのオーナー一家は先祖代々牛乳屋さんだったそうですが、1947年に現在の場所にグランハを立ち上げてから、「バルセロナでチョコレートとチュロスと言えばこのお店!」というほどの有名店になりました。テイクアウトもできますが、メインはイートインです。

おすすめはもちろんホットチョコレート(2.50ユーロ)とチュロス(1.60ユーロ)(チョコラテ・コン・チュロス)。チュロスはさくっとした軽い食感で食べやすく、ホットチョコは濃厚でかなりドロっとしています。

もう1つのおすすめは、スイソというホットチョコレートにてんこ盛りの生クリームをのせたもの。その他プリンやバルセロナがあるカタルーニャ州の名産のフレッシュチーズ「マト」など、伝統的なデザートが楽しめます。旧市街の散策の足休めに、どうぞ寄ってみてください。

<DATA>
La Pallaresa(ラ・パジャレサ)
住所:C/Petrixol  11 Barcelona
TEL:(34)93 302 2036
営業時間:9:00~13:00 16:00~21:00、9:00~13:00、17:00~21:00(日曜)
閉店日:12月25日、1月1日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。