家計のプチダイエット、まず初めにすることは?

 
そんなに贅沢していないはずなのに、なんでお金が貯まらないんだろう……?

そんなに贅沢していないはずなのに、なんでお金が貯まらないんだろう……?


無駄使いしているつもりがないけれども、お金が貯まらない……という方は、もしかしたら「使っているという意識がない」だけかもしれません。まずは、日常どのようなことにお金を使っているのか、今日1日分や1週間分でもいいので、メモしてみましょう。電子マネーを使っているので、レシートが手元にないという方は、大体の金額でも構いません。思い出せる範囲で、書き出してみてください。

会社員のマナミさん(仮名)は、少し早めに出勤して、カフェでコーヒー(400円)を飲みながら、新聞チェックと読書をするのが日課です。昼休み、同僚と社内でランチ(600~700円)を食べた後は、近所のコンビニでお茶とスウィーツ等(合計500円前後)を購入。会社帰り、週に2~3回は、夫と待ち合わせて外食をしています。1回の食事代は、夫婦合計で3,000~3,500円くらいとのこと。買い物等で使うお金は、いわゆる数百円の範囲内ですし、夫婦の外食代も、豪華なディナーというものではなく、ファミレスのセットにドリンクバーを付けたようなイメージです。確かに、贅沢をしている、という印象ではないと思います。
 

【チリツモメモ】【チリツモ暗算】で、プチ家計ダイエット!

マナミさんに思い出してもらった項目を、ガイド平野が相談時に使う【チリツモメモ】と【チリツモ暗算シート】で整理してみました。これは、「ちりも積もれば山となる」を実感していただくツールです。まず、【チリツモメモ】に使ったお金を書いていきます。食費か、何費か、といった分類分けは、あまり深く考えず、何にどれくらい使ったかを書いていきましょう。使った金額を忘れないために、携帯のメモ機能を活用するのもよいですね。

次に、右側の【チリツモ暗算シート】を埋めていきます。【チリツモメモ】に書いたパターンを、1ヶ月20日間出勤して同じように支出したと仮定した場合、どれくらいの金額になるかをざっくりと計算します。(月に10回の場合は、×10など)。本当は、日によって支出は異なるかもしれませんが、このツールでは、簡単に暗算ができる10倍(回)や20倍(回)を使います。
 
【チリツモメモ】と【チリツモ暗算シート】(C)FPオフィス Life & Financial Clinic

【チリツモメモ】と【チリツモ暗算シート】(C)FPオフィス Life & Financial Clinic


マナミさんの場合、朝のコーヒー代は、20日間で8,000円かかっていることになります。同様に、ランチ代は、13,600円、コンビニで買うお茶やスィーツ類を含めると、昼間の支出は22,600円です。ご主人と夜、外食を月に10回した場合、彼女の支出分は17,500円となります。これらを合計すると、1カ月に48,000円以上(1年で570,000円以上!)使っていることが分かりました。この他にも、友人との飲食代や美容院代、本や服類などにも支出しています。

マナミさんは「これだけでも、月に48,000円以上なんですね! 服や化粧品をあまり買わなかった月でも、なぜお金が残らないのか、原因が見えたような気がします!」と驚いていました。
 

節約できることを細分化して、成功体験を増やそう!

 
自炊、中食(お惣菜)、外食、組み合わせ方も工夫しようね!

自炊、中食(お惣菜)、外食、組み合わせ方も工夫しようね!


もちろん、これら全てを我慢しなければいけない、というわけではありません。1回ごとの額は小さくても、積もり重なるとあなどれない、ということを意識してみることが大切です。

次に、節約のポイントを考えてみましょう。全てを節約では、息が詰まってしまいますから、まずは、節約(貯蓄)したい額を決めて、自分の中で優先順位を決めて、メリハリを作ってみましょう。

マナミさんにとって「出勤前のコーヒーは、1日のスタートと情報インプットのために外せない」と考えているので、現状維持ですが、マイカップを持参することにして、プチ節約を取り入れました。その他、「コンビニスウィーツは、ダイエットのためにも、3回に1回は、我慢。金額もメリハリをつけて、予算を3,000円にしてみる」そうです。

一方、共働き夫婦にとって、「仕事帰りにご主人と外食」は、必須項目でもあります。帰宅後、自宅で調理をするのは、時間的にも体力的にも厳しい、ということも多いと思いますので、無理は禁物ですが、夫婦で、1カ月にどれくらい外食費をかけているかを共有して、外食費にも予算を決めましょう。

外食費の節約例を一部ご紹介します。

・外食するのは週1日にする
・1回ごとの金額を抑える
・デパ地下やスーパーのお惣菜を購入し、
1回の予算を1,000~1,500円にしてみる。
・コンビニの真空パック惣菜を購入して、500円~1,000円にしてみる
・前もって、日持ちする真空パック惣菜をストックしておく


などの方法を組み合わせてみるのも良いでしょう。

無理なく少しずつ意識していくだけでも、大分支出が減っていきます。また、できる節約術を細分化することで、達成できたときの成功体験を増やすことも効果があります。実際に、この方法を実践した方にしばらくしてから再会すると、「2カ月~3カ月で、かなり家計が改善されました! 貯蓄ができるようになりました!」というお話をよく聞きます。騙されたと思って、まずは試してみてください!
 

買う前の、【チリツモ暗算】を習慣にしよう

 
本当に使う価値あるかな?お金を使う前にちょっと【チリツモ暗算】してみよう!

本当に使う価値あるかな?お金を使う前にちょっと【チリツモ暗算】してみよう!


【チリツモ暗算】は、シンプルに「値段×10(または20)」をするだけですので、お店で商品を手に取った瞬間でも、簡単に計算することができます。さらに(×10カ月)をするのも効果的です。「反省はするけど、つい買ってしまう」という方は、買う直前に一瞬【チリツモ暗算】をしてみましょう。意外と「次回のために、今日はパスしておこうかな……」と思うきっかけになります。

「迷ったときは、買わない」は、洋服や家電を買う際によく言われる言葉ですが、食材やスウィーツなど、少額のものでも当てはまります。バーゲンなど、「見るとつい欲しくなって買ってしまう。」という傾向がある人は、お店に行く(ネットショッピングをする)回数も減らしてみましょう。
 

無意識浪費から、無意識貯蓄へ!

 
超低金利の定期預金でも、いつも使う普通預金と分けておくと貯まるかも

超低金利の定期預金でも、いつも使う普通預金と分けておくと貯まるかも

分かってはいるけど、やっぱりつい使ってしまう……という方に、預金口座について伺うと、給与振込み口座(普通預金)以外には、貯蓄用口座を作っていない方が多いようです。普通預金1口座だけだと、「お金の流れが集約されて、分かりやすい」という方もいらっしゃいますが、どれくらい貯蓄が増えているのか、わかりにくく、意外と貯まっていないという傾向があります。普段使う範囲のお金は普通預金に残し、それ以外は、定期預金に預けてみましょう。緊急時に、解約できるよう、100万円を50万円×2本など、口数を分けて預けるのもお勧めです。これから貯める、という人は、財形貯蓄(勤務先が制度を導入していれば)や、銀行口座から自動引落しで積み立てができる定期預金や積立投資信託(元本割れのリスクはあるが)で、貯蓄分を先にキープしてしまいましょう。

「無意識に使っていた」人でも、「無意識に貯める」ことができますよ!

【関連リンク】
家計簿で「見える化」だけでは、家計改善はできない!
生涯賃金5000万円減少!? 家計はどう対応する?
家計改善3ステップ「見える化・わかる化・できる化」
電子マネーを見える化しよう!
DINKSの食費、30年で1,600万円の差!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。