外食費が多いから貯金ができないのはわかっているけれど、貯金できない!

外食費が多いから貯金ができないのはわかっているけれど、貯金できない!

 

家計改善は、お金の流れを「見える化」する

家計改善の第一歩として、家計を「見える化」することが大切である、という話はよく聞きます。ガイド平野のコラム「家計の『見える化』で、安心マネープラン」でも家計の収入と支出を「見える化」することの大切さをお伝えしています。

家計簿をつけたり、1ケ月の収入と支出を書き出してみたりして、何にいくら使っているのかを確認することも、家計を「見える化」する方法の一つです。そうすることによって、毎月の貯金があまりできていない理由として、例えば、外食にお金を多くかけている、といったことが分かります。けれども、理由が分かっても、なかなか改善できないという相談をいただきます。外食費が多いなら外食費を抑えればいい、と頭では分かっていても、実際には、なかなか改善の行動に移せないのです。

1ヶ月の家計を集計して、支出項目の問題点が分かったとしても、それは結果として表れた問題点です。結果だけではなく、1ヶ月のお金の流れの中で、どこに問題があったかが分からなければ、解決策を見つけることはできません。家計改善のためには、お金の流れを「見える化」することがポイントになるのです。そこで、今回は、家計のお金の流れを付せんで「見える化」する方法を紹介します。
 
家計設計図/ポストイット家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic

家計設計図/付せん家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic

 

付せんで家計のお金の流れを「見える化」する

準備するのは、ノート型(大)1種類と付箋型(小)2種類で、合計3種類の付せんです。それぞれの付せんに役割を持たせます。ノート型(大)は、銀行口座、カード、財布(現金)、電子マネーのように、お金が出て行く口座等を表します(「口座カード」とします)。付箋(小)のうち、1つは、食費や水道光熱費のように、支出項目を表します(「項目カード」とします)。そして、付箋(小)のもう1つは、矢印を記入し、お金の流れを表します(「矢印カード」とします)。

 
口座から出て行くお金は、通帳を見れば一目瞭然

口座から出て行くお金は、通帳を見れば一目瞭然

 

夫婦で家計のお金の流れを描いてみよう!

■給料を起点に家計のお金の流れを描く
家計に入ってくるお金の起点となる給料から、お金の流れを付せんを使って描いてみましょう。最初は、金額を意識せずに、お金の流れに注目して描きます。事例では、夫の給料から財形貯蓄が天引きされて、残りがA銀行の口座に振り込まれています。

A銀行の口座からのお金の流れは、通帳を見ると一目瞭然です。事例では、家賃・水道代・電気代が引き落としになっています。B銀行は、クレジットカードの引き落とし口座になっているので、毎月1回、A銀行から振込みをしています。D銀行には、生活費として、毎月1回、決まった金額を振り込んでいます。また、不定期ですが、ATMから夫の財布に小遣いとして、現金が引き出されています。
家計設計図/ポストイット家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic

家計設計図/付せん家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic


さらに、財布からの支出、カードからの支出、資金移動した口座からの支出、というように、お金の流れを順番に付せんで表していきます。

■金額を入れて、お金の流れを把握する
次に、それぞれの付せん(「口座カード」、「項目カード」、「矢印カード」)に金額を記入していきます。1年のうちでも、月によって支出金額に変化がありますので、大まかな金額で大丈夫です。厳密に計算することが目的なのではなく、大切なのは、家計のお金の流れを把握することなのです。
 
家計設計図/ポストイット家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic

家計設計図/付せん家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic


「口座カード」、「項目カード」、「矢印カード」に直接金額を記入してもいいのですが、もし、小さい付せんを準備できるのであれば、「金額カード」として使用してもいいでしょう。
家計設計図/ポストイット家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic

家計設計図/付せん家計改善法 (C)FPオフィス Life & Financial Clinic


■家計全体のお金の流れを把握する
事例は、夫の給料を起点とした、お金の流れを紹介しましたが、家計全体のお金の流れを描かなければ、家計の問題点は分かりません。共働き世帯であれば、夫と妻の給料の2つを起点としたお金の流れを描く必要があります。また、毎月の給料だけではなく、ボーナスを起点としたお金の流れを描くことも忘れてはなりません。
 

家計の問題点は、「頭」ではなく「心」で理解する

 
ポスト・イットを使って、夫婦でお金の流れを「見える化」すれば、「一緒に改善しよう!」という気持になれる

付せんを使って、夫婦でお金の流れを「見える化」すれば、「一緒に改善しよう!」という気持になれる


■貯金できない家庭の共通点
貯金できない家庭のお金の流れを見ると、いくつかの共通点があります。
  • 給与振込口座だけでお金を管理している
  • 貯金するための口座がない
  • 決まった貯蓄目標がない
  • 費目別の予算がない(特に、趣味やレジャー関係)
  • 同じ費目を複数の口座(財布、カードなど含む)から支出している
  • 資金を移動する際のルールがない
  • お小遣いの金額が決められていない
  • 収入を全てオープンにして家計に入れても、支出の際、お互いにチェック機能が働かない
皆さんの家庭のお金の流れを「見える化」して、確認してみてください。
 

お金の流れの「見える化」は、家計の問題点を「心で理解する」

 
意識していなかったお金の流れが2人で共有できて良かったね!

意識していなかったお金の流れが2人で共有できてよかったね!


付せんを使って、家計のお金の流れを「見える化」する方法は、ガイド平野が、夫婦向けに行っている家計管理のワークショップで実際に行っています。ワークショップに参加されたご夫婦からは、「普段、意識していなかった家計全体でお金の流れを見ることで、ムダに使っていたお金が見つかった。貯める仕組みになっていなかったことに気づいた」、「外食費をいろんな口座から使っていたので、毎月、どのくらい使っていたか、把握できなかった」、「夫の給料だけで予算立てしていたはずが、実は、妻の給料に頼った家計になっていた」、「お互い自由にお金を使っていて、チェックすることがなかったので、貯金できなかった」など、気づきを得ることが多いのです。

貯金ができなかった原因が、普段のお金の使い方や、お金の管理方法などに問題があることを、お金の流れを「見える化」することを通して、はじめて実感できます。貯まらない原因を「頭」で分かるだけではなく、「心」で分からなければ、解決のための行動に移せないのです。

家計簿で家計を「見える化」して、出費の多い費目などの貯金できない原因は分かっても、なかなか家計改善につながらないのは、家計の問題点を「頭で理解」しているからです。実際に家計改善を行うためには、夫婦が家計の問題点を「心で理解」することが大切です。夫婦で付せんを使い、家計のお金の流れを「見える化」することで、家計の問題点を夫婦が「心で理解する」ことができます。

手元に付せんを用意して、ぜひ実践してみてください。家計改善のための解決策が見つかると同時に、「夫婦で一緒に頑張ろう!」という気持ちにきっとなるはずです。

【関連記事リンク】
・家計改善3ステップ「見える化・わかる化・できる化」
・家計の「見える化」で、安心マネープラン
・共働き夫婦の生活費の分担、どうしている?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。