上手に貯めるには計画性が大切です

まず、子どもの教育に必要なお金を、高校と大学は受験失敗も考えて、私立という想定を立てました。すると必要な教育費が算出できます。それを1歳から準備することにして、年数で割りました。すると、年間50万円弱、月平均だと4万円程度貯金していく必要があると考えました。そこで、2つの金融手段をとることにしました。

1つ目は学資保険。ただ、今は昔と違って保険料を引かれて、元割れしてえしまうものが多いです。イロイロ調べて少しプラスになる学資保険を選び、大学の準備金&保険として利用することにしました。ただ、こんな世の中ですから、外資系を選択したこともあり、破綻したら白紙です。それも考えて、月1万円をこれで積み立てることにしました。

2つ目は一般財形。給料天引きという強制力を使って月3万円を積み立てることにしました。会社からの補助や教育で卸す場合には優遇処置もあったということも選択した理由の一つです。私立高校に行った場合はこちらから一部取り崩すことを考えています。

私はライフプランを設計して、これらの2種類の使って、子どもが生まれた瞬間から計画的に貯めるようにしています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。