グローバル化が進んだことで、「公用語が英語」という企業も珍しくなくなりました。幼児期の英語教育にはどのようなものがあって、費用はどれくらいかかるのでしょうか。高いところからリーズナブルなものまで、見てみましょう!

インターナショナルスクールやプリスクール

英語教育

英語教育は環境作りと継続が大事!

語学は習慣。幼いうちから触れる機会が多ければ、日本語を覚えるように自然と覚えていってくれるもの……という期待もあって、早くから始めようとするママ・パパも多いようです。

幼児期から英語漬けの生活をさせたいと、インターナショナルスクールやプリスクールを考える方もいらっしゃると思いますが、費用を見ると一般的な家庭の子どもが通うことはそう簡単ではなさそうです。

親にもネイティブ並みの語学力が求められたり、インターナショナルスクールの中には学費などの費用で年間200万円以上かかる学校もあり、それなりの覚悟が必要です。

<インターナショナルスクール・プリスクールの例>
※金額は掲載日時点のものです。詳細は各スクールへ問い合わせください。

■アメリカンスクールインジャパン(調布)
授業料 : 240万3000円
入学金 : 30万円
設備費 : 70万円
スクールバス : 34万円
その他 : 2万円

■Pal International Preschool(東京都港区)

年間授業料(週1~5日) : 66万円~195万円
入会金 : 20万円
管理費 : 1.5万円
保険料 : 1万円 など

>>英会話教室の月謝はどれくらい? 次ページで確認してみましょう。