この季節お勧めメンズフレグランス2選

梅雨前の季節は新生活に慣れてくる人が多い季節ですね。オシャレに気を配るスキンケア男子も、新しい環境に似合う自分演出をスタート? そこで、お気に入りの香りを身にまとって、オフィスでもプライベートでも、リラックス気分でモテ度UPに励みましょう。

今年の新作メンズフレグランスの香調傾向は、「爽やかな本格メンズ」。落ち着いた本物の優しさで差をつけることができる一押しのオーデトワレが……。

ジェントルマン オンリー オーデトワレ

ジバンシイundefinedジェントルマン オンリー オーデトワレ

ジェントルマン オンリー
オーデトワレ 

この素敵な名を持つメンズの歴史は、1975年に発売された「ジバンシイ ジェントルマン オーデトワレ」にさかのぼります。

ジェントルマンというその名のとおり、ウッディ・アロマティックの特徴を持つ上品な香調は、セレブ男性に四半世紀以上にもわたって愛用されてきた、名香と言われるメンズフレグランスの一つです。

今年の春、その香調を生かしつつ、誘惑やラグジュアリーといった新たな解釈を加えて誕生したのが、ジバンシイの「ジェントルマン オンリー オーデトワレ」というわけです。

トップノートのマンダリンやピンクペッパー、ナツメグという軽いスパイシーが、単なるフレッシュではない「“持っている”魅力ある男性」の印象を感じさせます。セダーウッド、パチョリ、ベチバーのミドルノートは、ドライで軽いウッディの組み合わせから、知的で思慮深く、優しさに裏打ちされた男性のイメージを重ねます。ラストはインセンスとクミンの落ち着いた香りが自身の肌残りとなって、忘れがたい個性の余韻を残します。

広告キャンペーンには、「プラダを着た悪魔」でプレーボーイ役を演じたサイモン・ベイカーを起用しています。笑顔がチャーミングで知的なサイモンのイメージを、この春にぜひ取り入れてみたらいかがでしょう。

細部まで計算されたナチュラルシンプルな香りが新しい

今注目されているフレグランスは、女性用であっても男性用であっても、軽くフレッシュな印象を持続させながら、ピュアなウッディーやスパイシーで上質なフレグランスの骨格を作り出していることです。

細部まで調香技術によって計算されたナチュラルシンプルな香りが続々と発売されています。この点からもお勧めなのが、フレッシュ感あふれるブルガリの新作メンズ、「ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ」です。

ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ

ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ

ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ

既に発売されている「ブルガリ マン オードトワレ」は20代から50代まで幅広い愛用者がいますが、今回発売された「ブルガリ マン エクストレーム」は、現代のカリスマ性を新しく解釈したブルガリ マンのアイコニックなフレグランスに位置づけられています。

調香師はスペインのセビリヤで生まれたアルベルト・モリヤスで、ブルガリのOmnia、BLVのメンズや女性用も手掛けており、ブルガリブランドのフレグランスは何たるかを熟知しているクリエーターです。

香調は、ホワイト・ウッディ・フレッシュ。フレッシュなピンクグレープフルーツやベルガモットで構成するトップノートから、透明感が際立ったホワイトフリージアやアンバーのフローラルのミドルへ、カルダモンがフレッシュな印象を加えながらつなぎます。

ラストノートはオリエンタルなバルサウッドやベチバーが落ち着きのある上品なアクセントを添え、身にまとうあなた自身のみならず、周りの方々に安心と自信を与えてくれるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。