コンセントの形状や電圧は?電気・通信機器の利用について

C型プラグ

C型への変換プラグは、逆に現地では入手しにくいので出国前に購入を

電化製品のコンセントプラグは、Cタイプ(またはSEタイプ)と呼ばれる、丸型のピンが2つ並んだ形状のものを使用。携帯充電器などを日本から持ち込む場合は、形状変換プラグが必要です(日本の電器店や空港などで買えます)。フィンランド現地に来てからでは、以外に販売店を見つけるのが難しく価格も高いので、日本からの調達をおすすめします。

また、フィンランドの電圧は230V、50Hzが一般的。ドライヤーなどは専用変圧器なしに現地で使うとショートを起こしてしまいます。日本の携帯やパソコン、カメラのバッテリー充電器は、現地でも変圧器なしにプラグ変換のみで使えるものがほとんどですが、出国前に一応確認しておきましょう。

携帯電話

携帯大国フィンランドでは、電波が届かない場所を見つけるほうが難しい

Nokia(ノキア)社のお膝元フィンランドは、早くからの携帯普及国で、家に固定電話を持たず携帯電話を唯一の通信手段としている人も老若男女問わず多いです。どんな森の中でも地下でも、たいがい電波が通じているのに驚くいっぽう、街中に公衆電話はまずないので、現地で使える携帯電話を持っていない人は不自由を強いられます。

日本から持ち込んだ携帯電話を利用する場合は、各会社がサービス提供している国際ローミングを利用するか、空港でレンタル携帯を入手します。日本の携帯会社であらかじめSIMロック解除しておき、現地のキオスクで身分証明や契約手続きなしに気軽に購入して即使える、プリペイド式のSIMカードを手に入れて利用するという方法もあります。

また、ヘルシンキ市内の各観光スポット付近や、チェーン店を中心としたカフェ・ファストフード店などでは、無料のWi-Fiが使えることが多く、これを利用しない手はありません。さらにホテル・ホステルはもちろん、長距離列車(在来線を除く)や長距離バスのなかでも席の等級に関係なく無料Wi-Fiが利用できます。得てして田舎地方の森の中を抜けていく間は速度が弱いですが、それはご愛嬌。

■参照記事「フィンランドのインターネット・Wi-Fi事情

たばこ・お酒に関するルールとエチケット

アルコ

唯一アルコール濃度4,7%以上のお酒を購入できる専門店Alko(アルコ)には、国内外のお酒がずらりと並ぶ

灰皿

カフェやレストランのテラス席ではもちろん喫煙可能。逆さにした植木鉢にペインティングした可愛い卓上灰皿をよく見かける

たばこについては、レストランやショップ、デパートをはじめ、公共の建物内では基本的に全面禁煙です(バーには喫煙用ボックスが設置されていることも)。その他に学校施設の周辺などでも禁じられていますが、実は路上での喫煙を規制する法律はなく、家以外での喫煙は建物の外で、あるいは移動中に、というのが暗黙のルールです。このため、フィンランドの路上では、歩きタバコや吸い殻のポイ捨てが多いのが、悲しきかな現実。トラブルに巻き込まれないように、歩行中は自主的に気をつけてください。また、街角で吸い殻入れに出くわす頻度も低いので、喫煙者は携帯灰皿の持参を強くおすすめします。

街でたばこが購入できるのは、スーパーマーケットのレジ。レジ係の人に銘柄を伝えて取り出してもらいます。その際、年齢確認のために身分証明書を提示させられることがあるので、パスポートの携帯を忘れずに。

お酒販売のなかなか厳しいルールについては過去記事「フィンランドで人気のお酒と、販売に関するルール」を参照ください。簡単にまとめると、アルコール度数4,7パーセント未満のお酒(ビール、果実酒など)であれば街中のスーパーマーケットで午後9時まで購入可能。度数4,7パーセント以上のお酒を買うには、街中に点在するAlko(アルコ)という国営の酒専門店へ行かなければなりません。

身分証明書

2013年から施行開始された、30歳以下に見える顧客に対しての身分証明の提示を呼びかける新規則の告知

購入に際しての年齢制限は、アルコール度数22パーセント未満のお酒であれば18歳以上OK、それ以上のお酒は20歳以上のみ、という決まりです。また2013年1月より、30歳以下だと判断された顧客に身分証明書の提示を求める法律が施行されています。お酒を買いに行く際も、パスポートの携帯をお忘れずに。

■Alko(アルコ) 店舗検索サイトはこちら

 
バーやクラブでは深夜でも飲酒が可能ですが、店頭やカウンターで厳しく年齢確認がなされるので、やはりパスポートを携帯しておくのが無難です。

次ページでは、スーパーマーケット利用に際してのユニークなルールと流れを紹介!