磁気絆創膏を使った簡単ダイエット方法

磁気絆創膏を、足の裏に貼るだけ!というとても簡単なダイエットです。
ピップエレキバンなどでおなじみの磁気絆創膏。
血行や老廃物の流れを改善、その結果肩こりや腰痛を緩和するという効果は耳にしたことがあると思います。
このパワーを応用したのが、「足つぼに貼るだけダイエット」なのです。

そこでダイエットに大敵の「むくみ」に効く2か所を紹介します。

  1. 足の裏のほぼ中心、土踏まずのつま先寄りで、足先を曲げてできる山形のシワの頂上部にあります。
    「湧泉(ユウセン)」という有名なツボで、脂肪分解・燃焼・新陳代謝を高めるアドレナリンを分泌する副腎に効果が有ります。
  2. 足指の付け根。
    リンパの流れを良くしてくれる反射区です。
 

貼る場所がとても重要

第2の心臓とも呼ばれる足裏には、70ヶ所近く(諸説あります)のツボと、内臓や四肢と結び付いた約40の反射区が存在しているため、どこを刺激するかがとても重要。
磁気絆創膏を貼る際は、場所を良く確認してください。
ツボ・反射区の場所はインターネットでも簡単に検索することができます。
(参考:足つぼ図解 www.ashi-tsubo.net/

また、足ツボを刺激する際には体が温まっている時が特に有効ですので、運動後ストレッチをする際に取り入れたり、お風呂に入る時に行うようにするのがおすすめです。

サイズダウン効果

お風呂上がり、「湧泉」に磁気絆創膏を貼りそのまま就寝。
すると驚いたことに、翌朝には太股と足首合わせて1cm程サイズダウンしていました!
今ではほぼ毎日張り続けています。

お手軽度ナンバー1

“貼るだけ”という手軽さと効き目を考えると、お手軽ダイエットの中ではおススメしたい方法ナンバー1クラスです。
ブーツが入らないほどパンパンになった脚もスッキリ!
マッサージも取り入れるとより効果的です。

磁気絆創膏が取れないように!

寝ている間に磁気絆創膏が取れてしまう事があります。
そのため100円均一ショップなどでシールを購入し、絆創膏の上から貼ると剥がれないと思います。
またはソックス(着圧タイプや五本指がベター)を履いても良いでしょう。

磁気絆創膏は永久磁石タイプであれば、繰り返し使用でき経済的。
目覚めた時の足の軽さを、一度味わってみてほしいです。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。