朝ちょこっと頑張れば、夕方ラクラクの洋風定食

豚肉のハーブソテー定食

帰宅後わずか10分で完成のワンプレート

「今日は帰りがちょっと遅くなりそう」という目処がついている日は、朝の下ごしらえにちょっぴり手間と時間をかけておくのが吉。直前にしかできないことが少なめのメニューにしておくと、お腹がペコペコだというのに、帰ってきてからバタバタせずに済みます。さらに後片付けも簡単なように、今回はワンディッシュに盛り付けました。

そこで今回は、朝15分+夕10分の豚肉のハーブソテー定食レシピと手順を紹介します。朝のうちに豚肉のソテーとキッシュを焼くだけの状態に、ブロッコリーの胡麻和えを作り置きします。あとは焼いている間に、スープを用意するだけ。「朝頑張る」といってわずか15分の下ごしらえ。この手順で進めておけば、帰ってきたら、すぐご飯にありつける喜びが味わえますよ。

豚肉のハーブソテー定食の段取り

豚肉のハーブソテー定食の段取り

豚肉のハーブソテー定食の段取り

朝15分+夕10分の支度で一汁三菜を用意できるように段取りを組み立てました。朝のうちにブロッコリーの胡麻和えを作り、豚肉の漬けこみをし、キッシュをトースターで焼く前まで仕上げておきます。夕方は、まずキッシュをトースターに入れ、スープを鍋にかけ、ソテーを焼くだけ。

ボリュームもあるため、手が込んでいるいるように見えるかもしれませんが、どの料理も3STEP以内で作れる簡単なものばかり。メインの豚肉のハーブソテーは、朝からハーブと塩、オリーブオイルで漬けこんでおくため、焼くときには味つけも油も不要。このまま冷凍してもOKです。

次のページでは、豚肉のハーブソテー定食の献立と、かかった費用を紹介します