バクテリアを増やすことと水替えが重要

水槽を新しく設置するときはバクテリアが全くいませんので、濾過装置に頼りますが、その際、金魚が排泄したアンモニアは分解されませんので、水換えすることが必要です。最初は少なく飼育しながらバクテリアを増やし、ちょっとずつ金魚を増やしていきます。

ほかに金魚が長生きするために必要なことは以下のとおりです。
  • 水をきれいに保つこと(濾過器設置、濾過器のフィルターをきれいに保ちます)
  • カビ・コケの発生を防ぐこと(毎日よく観察して早期発見に心がけること。ペットショップでは水槽に入れる薬などがあります)
  • エサを与えすぎないこと(一気にエサを与えず、1日3回に分けて少量をやります)
  • 元気のない金魚は放置しないで隔離し回復させること(病気の金魚は放置すると、他の金魚に感染・拡大します)
  • 金魚の数をむやみに増やさないこと(金魚が育ってきて水槽が狭くなったら、水槽を増やして金魚を分けましょう。大きい水槽に取り替えるなどの工夫が必要です)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。