そのまま食べても、丼にしても美味しい「竹輪の蒲焼き」

 

 竹輪の蒲焼き

作り方

  1. 竹輪を半分に切って切り込みを入れて開き、線状に飾り包丁を入れて楊枝で刺します。
  2. 網で焼いて、醤油とミリンを同量ずつ(好みで砂糖少々を足す)混ぜたタレを塗っては焼きを数回繰り返します。
  3. けしの実をふりかけました。ゴマでも、粉山椒でもいいです。

お弁当のご飯の上にのせて、竹輪の蒲焼き丼にしてもいいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。