見た目年齢をアップさせてしまうほうれい線を退治

ふと鏡を見たときに、なんだか急に老けたかも……とショックを受けたことはありませんか?

その原因はほうれい線かもしれません。

鼻から口元にかけて現れるあの憎きほうれい線。
歳を重ねるごとに深くなるイメージがありますが、実は子供の時からあるそうです。
つまり笑いジワと同じものなんですね。

若いころはハリや弾力があるため笑ったりしてもシワが残ることはありませんが、加齢に従ってシワが消えず、やがてほうれい線に成長してしまいます。

見た目年齢をアップさせてしまうほうれい線を退治するには、セルフマッサージも効果的。
何種類かピックアップするので、お風呂上がりなどに習慣づけしましょう。

■笑顔のツボ
(巨りょう:鼻の両脇、小鼻の外側と黒目からまっすぐ下におろした線が交わるところ)
人差し指のはらを使い左右同時に5秒間プッシュ、離すを5セット

■むくみ・ハリ・ダイエットのツボ

(地倉:口角の外側)
左右同時に5秒間プッシュ、離すを5セット

■むくみ・たるみ・小顔のツボ
(下関:耳の付け根から頬骨にそい窪んだところ。口をあけると骨がもちあがるところ)
人差し指のはらを当て、皮膚を上に押し上げるようにマッサージ

数分で出来るほうれい線対策

3つのツボ押しを全部やっても数分でできる気軽さ、費用・道具ゼロといいことずくめです。行うときは“ゆっくり・やさしく”が基本。気持ちよさを感じながら、毎日にキレイのもとを取り入れてみてください。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。