うさぎは目で会話する

a

つぶらな瞳はご機嫌な証拠

私は、仕事柄、初対面のうさぎと、意思疎通をしなければなりません。初めて会ったうさぎが、どのような性格で、何が好きで何が嫌で、どうして欲しいのか……すぐに理解しなければなりません。さらに、私のほうからは、連れてこられたこの場所が、安心できる場所であること、警戒しなくて大丈夫だよ、と信頼の気持ちも伝え、解ってもらわねばなりません。

鳴かないうさぎと、言語は介さなくても、意思のキャッチボールがある。これは、立派な会話だと思うのです。私は、うさぎとの会話は「目」で行います。

どうやって「目」で会話するか

物理的には単純です。うさぎの目を見ます。するとたいてい、うさぎのほうも見返してきます。そのとき、目がキラキラしていれば、遊びたいんだな、ワクワクしてるんだな、とわかります。しょんぼり瞼を半分閉じていれば、移動で疲れたか、オーナー(飼い主)さんといっときの別れが寂しいのか、と感じます。

具合が悪い時も目で顕著にわかります。私は、お預かりしたうさぎの目を、常に見て、このうさぎは今どんな状態か、を把握するようにしています。

介護が必要なうさぎとの会話

介護が必要な、動けないうさぎにとって、この「目」での会話が、どれだけ役にたったでしょう。

以前うちの施設でお預かりした、寝たきりで四肢を全く動かせない状態のうさぎは、ほんの少し開いたまぶたから、漆黒のガラス球のような目で、私の問いかけに応えてくれました。水が飲みたい、お尻が濡れた、など、私の質問に(……うん)(……そうじゃない、眠いの)と答えているような……もちろんこの答えは私の思い込みにほかならないのですが、それでも意思の疎通ができたと感じ、お世話に役立ちました。

目以外でも言葉を認識するの?