気軽に雪と触れ合える、雪遊び広場へ出かけよう

雪遊び広場へ出かけよう

雪遊び広場へ出かけよう

子どもに雪遊びは体験させてあげたいけれど、親自身がスキーヤーやスノーボーダーでなければ、ゲレンデに行くのはちょっとハードルが高いもの。でも、遊園地やテーマパークなどの雪遊び広場なら、本格的な装備がなくても、気軽に雪遊びが楽しめます!

ただし、濡れると冷えてしまので、子どもたちには防水服や長靴を用意してあげてください。ウェアやシューズがレンタルできる施設もありますので、事前の確認しておきましょう。

※イベントや営業時間など最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は去年のもの、またはイメージ等です。

 

ぐりんぱ「冬のぐりんぱ(雪あそび・スケート)」/静岡県裾野市

スノーカーニバル

スノーカーニバル(イメージ)

富士山2合目の遊園地「ぐりんぱ」に冬だけ特別にオープンするゲレンデは、なんと1万平方メートルと広々。富士山を間近に眺めながら、雪遊びやそり遊びが思う存分楽しめます。

今年は『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の公開決定を記念して、映画とコラボ。キャラクターで装飾された「オラのそり遊び広場」には、ゆるやかなコースから急な斜面のコースまでそろいます。また、おもしろ雪あそびアイテムで遊べる「しんちゃんSNOWワールド」も誕生。いろいろな雪だるまを作って遊べる「ひまわりの雪だるま広場」やキッズでも安心して滑れるゆるやかなそりコース「かすかべおもしろそり広場」、スリル満点のチュービングそりを楽しめる「シリリのUFOチュービング」など、多彩な遊具がそろいます。

スケート補助そり「おたすけゴマちゃん」

スケート補助そり「おたすけゴマちゃん」

このほか、富士山をバックにのびのび滑れる、30m×60mの屋外スケート場「ゴマちゃんのGO!GO!スケート場」もあります。こちらは「少年アシベ G0!G0!ゴマちゃん」とのコラボ。リンクのまわりは「ゴマちゃん」や「アシベ」などのキャラクターたちで装飾されていて、とってもキュート。まだスケートが滑れない小さなお子様やスケート初心者をサポートするスケート補助そり「おたすけゴマちゃん」もあるので、家族みんなで遊べます。

 

■オラのそり遊び広場
期間:オープン日未定 ~2017年3月31日(金)(予定)
料金:そりレンタル 1日 700円、レンタルウェア 大人 3,000円、レンタルウェア 小人 2,000円(100cm~140cm)、レンタルブーツ 1,000円 ※ぐりんぱの入園料は別途必要、プラスチック製のそりは持ち込み可能

■しんちゃんSNOWワールド
期間:2016年12月23日(金・祝)~2017年3月20日(月・祝)(予定)
※天候等により、営業期間が変更になる場合があります。
料金:400円

■ゴマちゃんのGO!GO!スケート場
期間:2016年11月19日(土)~2017年3月20日(月・祝)
料金:スケート靴レンタル(16cm ~ 29cm) 1足 / 1日1,000円 ※ぐりんぱの入園料は別途必要

<ぐりんぱ>
静岡県裾野市須山字藤原2427
055-998-1111
HP:ぐりんぱ

 

>>次のページでは11月からオープンしているさがみ湖屋外雪あそび広場