雪遊びやそり遊びできる公園・遊園地で雪と気軽に触れ合おう!

雪遊び広場へ出かけよう

気軽に雪遊びやそり遊びができる広場へ出かけよう

子どもに雪遊びは体験させてあげたいけれど、親自身がスキーヤーやスノーボーダーでなければ、ゲレンデに行くのはちょっとハードルが高いもの。でも、遊園地やテーマパークなどの雪遊び広場なら、本格的な装備がなくても、気軽に雪遊びが楽しめます!

ただし、濡れると冷えてしまので、子どもたちには防水服やスキーブーツを用意してあげてください。ウェアやシューズがレンタルできる施設もありますので、事前の確認しておきましょう。

【INDEX】
東京あそびマーレ「SNOW TOWN」/東京都八王子
さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト「スノーパラダイス」/神奈川県相模原市
箱根園「雪・そり遊び広場」/神奈川県箱根町
富士山こどもの国 「雪の丘」/静岡県富士市​​​​​​
ぐりんぱ「冬のぐりんぱ(雪遊び・スケート)」/静岡県裾野市

※イベントや営業時間など最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は去年のもの、またはイメージ等です。


 

東京あそびマーレ「SNOW TOWN」/東京都八王子

東京あそびマーレの「SNOW TOWN」

東京あそびマーレの「SNOW TOWN」

2018年4月、東京・八王子にオープンした室内親子遊園地「東京あそびマーレ」。面積約6700平方メートルの広々とした室内遊園地のなかには、日本初となる雪のテーマーパーク「SNOW TOWN」があり、一年中、気軽に雪遊びやそり遊びを楽しむことができます。
東京あそびマーレの「SNOW TOWN」

青いライトに照らされ幻想的な雰囲気

「SNOW TOWN」の体感温度は約18~20度。ちょっとひんやりしていますが、ゲレンデに比べればずっと温かく、小さな子どものそり遊びや雪遊びデビューにぴったり。長靴(サイズ14~28cm)やそりも無料で貸し出してくれ、ママに嬉しいブランケットの無料の貸し出しも。長袖の服や着替え、手袋などは持参しておくと安心です。

東京あそびマーレには「SNOW TOWN」以外にも、1周約240mの「室内ミニエクスプレス電車」や電動ゴーカート、カラフルなクルマに乗ってボール投げゲームを楽しむ「ボールシュート」など、子どもたちが喜ぶアトラクションがいっぱい。雪遊びとあわせて楽しむのがおすすめです。

東京あそびマーレ「SNOW TOWN」
料金:室内遊園地+スノータウンパック平日1200円、休日(土日祝および当店が定める特別営業期間)1500円(※2歳~大人まで同一、0~1歳無料)

<東京あそびマーレ>
東京都八王子市別所2丁目1番 ビア長池新館
042-689-6283
HP:東京あそびマーレ

 

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
「スノーパラダイス」/神奈川県相模原市

さがみ湖リゾート「雪あそび広場」

関東最大級の雪遊び広場「スノーパラダイス」

すでに11月17日(土)からオープンしている複合リゾート施設「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の雪あそび広場「スノーパラダイス」。面積は約6000平方キロメートルもあり、関東最大級。新宿から中央自動車道で約50分とアクセスもよく、気軽に行ける本格的な雪遊びスポットとして人気を集めています。
ソリゲレンデ

広々としたソリゲレンデ

雪遊び広場はアクティビティごとに専用エリアにわかれているので、小さな子連れでも安心。自由に雪遊びを楽しめる「ちびっこ雪あそび山」、ゆるやかな「ちびっこソリゲレンデ」、スリルと爽快感が魅力の「チュービングパーク」などがあります。長さ50mもある「ソリゲレンデ」にはベルトコンベアーもあるので、登るのもラクラク! 更衣室や休憩所、飲食エリアもあり、雪遊びデビューの子どももゆっくり楽しめます。

さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト「スノーパラダイス」 
期間:2018年11月17日(土)~2019年3月(予定) 毎週木曜定休
料金:500円 ※別途入園料が必要、フリーパスでの利用可能
対象:3歳以上(※3歳~未就学児の場合は保護者同伴が必要です)

<さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト>
神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
0570-037-353
HP:さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト


 

箱根園「雪・そり遊び広場」/神奈川県

箱根園

雪合戦や雪だるまを作るなど、小さな子どもでも気軽に楽しめる

 
エンチャン

エンチャン

箱根芦ノ湖畔のプレジャーランド「箱根園」に、毎年冬になると登場する「雪・そり遊び広場」。今季で22シーズン目(スノーボードパーク内の営業含む)となる冬の恒例です。ゲレンデの雪は造雪機(ICS=アイスクラッシャーシステム)による自然雪と変わらない良質の雪なので、コンディションもばっちり。園内屈指の富士山の絶景スポットで雪遊びやそり遊びを存分に楽しめます。

毎週土日祝日は箱根園水族館イメージキャラクターのエンチャンとかわいい動物たちが「雪・そり遊び広場」に遊びにくるので、子どもたちも大喜び。子ども用のスキーウェアやシューズなどのレンタルも一通りそろっています。
 

箱根園「雪・そり遊び広場」
期間:2018年12月20日(木)~2019年2月28日(木)
時間:9:00~17:00
※天候・日照時間により、営業期間・時間の変更や営業休止をする場合があります
※エンチャンや動物が遊びにくるのは、毎週土日祝日の11:45~12:00(予定)。天候や動物の状況により中止になる場合もあります
料金:2時間(そり付)¥800 おとな・こども一律

<箱根園>
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
0460-83-1151
HP:箱根園

 

富士山こどもの国 「雪の丘」/静岡県富士市

富士山こどもの国

雄大な富士山を見ながら雪遊びを楽しもう

富士山の裾野に広がる自然あふれる公園、富士山こどもの国。園内は、「街」「草原の国」「水の国」の3つのエリアから構成されており、冬には草原の国に「雪の丘」が登場します。
富士山こどもの国

雪あそびデビューにもぴったり

自然の斜面に人工の雪を降らせた広さ約1000平方メートルの雪遊び広場、長さ約30mのショートコースのソリゲレンデ、さらに約100mのロングコースのソリゲレンデからなり、雪遊びやソリ遊びがたっぷり楽しめます(※ソリゲレンデ100mのロングコースは12月下旬に段階的オープン予定)。授乳室やトイレなどの施設も完備され、小さな子連れでも安心して遊べます。

富士山こどもの国 「雪の丘」
期間:2018年11月23日(金)~2019年3月17日(日)※天候により早期に終了する場合もあります。
時間:9:00~15:30
料金:入園料のみで利用可能、入園料/大人820円、中学生410円、小学生200円 ※小学生未満無料、70歳以上・障がい者は証明書提示で無料、2人乗りソリのレンタル3時間300円(「雪の家」にて)

<富士山こどもの国>
静岡県富士市桑崎1015
0545-22-5555
HP:富士山こどもの国

 

ぐりんぱ「冬のぐりんぱ(雪遊び・スケート)」/静岡県裾野市

ぐりんぱ

思いっきり雪遊びを楽しもう!

富士山2合目の遊園地「ぐりんぱ」では、雪遊びやスケートを思いっきり楽しめます。2018年12月22日にオープンするそり遊びゲレンデは、100m×100mと広大。ゆるやかなコースもあれば、急斜面もあり、子どもたちも大喜びです。

さらに2019年1月5日には忍者アイテムで雪遊びが楽しめる「雪の忍者道場」がオープン。チューブに入ってゲレンデをぐるぐる回りながら滑り降りるスリル満点の「輪滑りの術」や忍者の的に向かって雪玉を当てるとパネルがくるくる回る「雪忍修行・的あて」など、忍者気分の雪遊びが楽しめます。
 
ぐりんぱスケート

お子さまのスケートデビューにも最適

すでに11月17日からは屋外スケートリンクもオープンしています。今年は「氷の忍者道場」として、リンクに設置されたユニークな忍者パネルたちが靴の履き方から滑り方までをわかりやすく指南。また、週末には山梨県忍野村の忍者テーマヴィレッジ「忍野しのびの里」から本格忍者がやってきて一緒にカーリングゲームなどの氷上イベントを楽しめます。初心者向けのスケート教室や親子で滑れる“氷上ソリ”「忍具滑椅子」などもあり、お子さまのスケートデビューもバッチリです。

■雪の忍者道場
期間:2019年1月5日(土)~3月24日(日)予定  
料金:400円(ご利用のお子さまには「忍者ステッカー」を1枚プレゼントします)
※スノーアイテムの利用は無料です。
※ワンデークーポン利用可、別途ぐりんぱの入場料が必要です

氷の忍者道場
期間:2018年11月17日(土)~2019年3月24日(日)予定
料金:【スケート靴レンタル】1日レンタル 1足1,000円(二枚刃、一枚刃共通)(二枚刃スケート靴16cm~25cm、フィギュア靴16cm~30cm)、【忍具滑椅子】1回30分600円【忍具おたすけスイスイ】 無料(数に限りがあります)
※ぐりんぱの入園料は別途必要です。

<ぐりんぱ>
静岡県裾野市須山字藤原2427
055-998-1111
HP:ぐりんぱ

【関連記事】
子連れスキー旅行におすすめホテル関東近郊
子供と日帰りスキー場!東京から2時間前後のゲレンデおすすめ
雪合戦からアイスクリームまで!子どもが喜ぶ雪遊び
北海道で子連れスキー!子供大満足のファミリーにおすすめゲレンデ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。