雪遊びを楽しもう

雪遊び

雪は天からのプレゼント、親子で遊ぼう


たまにしか雪が降らない地方の子どもたちにとって、雪はまさに天からのプレゼント。「電車が止まるんじゃないか……」なんて大人の心配はよそに、子どもたちは「もっと積もってくれないかなぁ」なんて窓の外を眺めるものですよね。

まず、東京のようにたまにしか雪が降らない地域でできる雪遊びの楽しみ方を紹介しましょう。

まずは雪合戦。雪が降って、ちょっとでも積もれば、いつでもどこでもできますね。ちなみに雪合戦にも国際ルールというのがあるらしいです。
■雪合戦の国際ルール

都会ではこんな本格的な雪合戦はできないでしょうから、さあ、パパが動く的になってひたすら逃げ回りましょう。

冷たいですけれど、ぜひ素手で雪を握る経験をさせてあげるといいと思います。パサパサな雪もあれば、ぐちょぐちょな雪もあります。玉にするのにちょうどよい雪を探すのも雪合戦の楽しさの一つです。雪の上を駆け回る体験も貴重です。

雪合戦に疲れたら

滑って転ぶこともあるでしょうから、心配な場合は自転車用のヘルメットや肘当て、膝当てを着用するといいでしょう。逃げ回るのに疲れてしまったら、そこからがパパの腕の見せ所です。

たとえば空き缶を的にして雪球で狙うなどのゲームを考えてあげると、体力を温存できます(笑)。


>> 次は雪だるまの作り方