子連れスキーは旅行も兼ねて!のんびり1泊で子どものスキーデビュー

子供スキーデビュー、子連れスキー旅行・お泊り

のんびり1泊旅行で子供のスノーデビュー

子どもが小さいと、一日のうちでゲレンデで遊べる時間もそう長くないもの。せっかくスキー場まで足を運ぶなら、旅行も兼ねて泊まりでゆっくりするのもオススメです。泊まりの場合、スキー場の施設だけではなく、ホテルの施設やサービス、ゲレンデへのアクセスも選ぶポイントにするとよいでしょう。シーズン中はリフト券などが付いたお得な宿泊プランを用意しているホテルもあります。今回は子連れのスキーデビューにぴったりな関東近郊のリゾートホテルを3軒ご紹介します。

【INDEX】 ※営業期間は予定です。気象状況により変更もありますので、詳細はお問い合わせください。
※イベントや料金プランの最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は昨年のものやイメージ等です。
 

軽井沢プリンスホテル イースト(軽井沢プリンスホテルスキー場)

子供スキーデビュー、子連れスキーホテル・旅行・泊まり 軽井沢プリンスホテル イースト

軽井沢プリンスホテル イースト

軽井沢駅からすぐの場所に位置し、東京から新幹線で約1時間という抜群のアクセスの良さが魅力の「軽井沢プリンスホテル イースト」。ホテルの目の前には軽井沢プリンスホテルスキー場があります。

軽井沢プリンスホテルにはウエストとイーストがありますが、子連れならスノーパークにも近いイーストが便利。本館のツインルームや4人まで泊まれる独立したコテージなど、客室タイプもいろいろあります。
軽井沢プリンススキー場

ソリ、チュービングに子どもたちも大はしゃぎ!

軽井沢プリンスホテルスキー場には、小さな子どもが思いっきり遊べるスノーパークがあり、そり・チュービング・ふあふあ(エアートランポリン)などが楽しめます。 休憩室や授乳室、更衣室を備えた「SnowHouse(スノーハウス)」もあり、赤ちゃん連れも安心。
パンダルマンレッスン

パンダルマンレッスン

小学生以下の子どもは、全日リフト券無料というのもうれしいところ。スキーに初挑戦するなら、3~9歳を対象にした「パンダルマンレッスン」もおすすめ。通常の板より短い70cm の特製スキー板を使い、人工マットゲレンデで恐怖を和らげたり、パンダのキャラクターが一緒に準備体操をしてくれたり、楽しみながら上達できるユニークな内容になっています。  
 
約240店舗が軒を連ねる軽井沢・プリンスショッピングプラザもホテルからすぐ。ボウリング場などもあり、アフタースキーの楽しみが多いのも同ホテルの魅力です。  

■軽井沢プリンスホテル イースト
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(アクセス
電話:0267-42-1111

■軽井沢プリンスホテルスキー場 
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(アクセス
電話:0267-42-5588
2019年11月2日(土)~2020年4月5日(日)(予定)
 

白樺リゾート 池の平ホテル(池の平スノーパーク)

子供スキーデビュー、子連れスキーホテル・旅行・泊まり ポタスノーランド

広々としたポタスノーランドは巨大ふわふわなどがあり、1日中遊べる

白樺湖畔に建つ「白樺リゾート 池の平ホテル」。玄関を出ると、目の前には併設のファミリーゲレンデ「池の平スノーパーク」が広がっています。

ゲレンデは晴天率80%のパウダースノー。適度な広さがあり、子どもから大人まで楽しめるコース構成。小さな子どもが安心して遊べるエリア「ポタスノーランド」もあり、子どものスノーデビューにぴったりです。
ポタスノーランドでは犬ぞり体験も!

ポタスノーランドでは犬ぞり体験も!

ポタスノーランドにはスノーエスカレーターを備えた「ソリ遊び広場」や遊具がいっぱいの「キッズパーク&ベビーパーク」があるほか、動物とのふれあいや犬ぞり体験も楽しめます。
ゴタくんのヒャッホー山

ゴタくんのヒャッホー山。NEWキャラクターの名前はゴタくん

また、昨シーズンに登場したアスレチック感覚でスキーが楽しめる「ゴタくんのヒャッホー山」も大人気です。

用具のレンタルも充実しているので手ぶらでもOK。4歳から参加できるスクールもあります。また、絵本やクッションマットのあるキッズルーム付きの無料休憩所もあるので、赤ちゃん連れでも安心です。

おすすめの宿泊プランは、ママ・パパが安心して子どもの雪遊びデビューを応援してくれる「冬遊びキッズプラン」。幼児の宿泊費が無料(食事・寝具付)になったり、室内温水プール1回無料券(2時間)やポタスノーランド滞在中入場券が付いたり特典いっぱい。ホテル館内にはボウリング場やプールもあり、天気が悪い時にも存分に遊べます。

■白樺リゾート 池の平ホテル
住所:長野県茅野市白樺湖(アクセス
電話:0266-68-2100

■池の平スノーパーク(ホテル併設) 
2019年12月22日(日)~2020年3月31日(火)(予定)
※ポタスノーランドは2019年12月21日(土)~2020年3月31日(火)
 

ホテルタングラム(タングラムスキーサーカス)

子供スキーデビュー、子連れスキーホテル・旅行・泊まり スノーモビル

5歳から1人で乗れるスノーモビル!

東京から約3時間、長野県信濃町にある「タングラム斑尾」は、滑る、遊ぶ、泊まるがひとつになったホテル一体型のスノーリゾート。天然雪100%でサラサラのパウダースノーが楽しめるゲレンデ「タングラムスキーサーカス」には、「ホテルハーヴェスト斑尾」と「ホテルタングラム」という2つのホテルが直結しています。
ホテルタングラム「わくわくわしつ」

ホテルタングラム「わくわくわしつ」

2つのホテルのうち、とくに家族におすすめなのは「ホテルタングラム」。ミキハウス子育て総研が認定する「ウェルカムベビーのお宿」にも認定されており、赤ちゃん連れにもやさしいホテルです。なかでもおすすめの客室が「わくわくわしつ」。清潔な畳敷きの部屋で、家具や柱もカドのない安全なつくり。おもちゃの貸出しもあり、快適に過ごせます。
ホテルタングラム

スノーラフティング

ゲレンデもファミリーフレンドリーで、初心者でも滑りやすい「ハートランドライン」や最大2500メートルのロングクルージングが楽しめる「プライマリーライン」などコースも多彩。レンタルグッズが充実しているので手ぶらでOK。4歳から受講できるキッズ&ジュニアスクールもあります。

滑る以外にも、家族で楽しめる「スノーラフティング」や5歳から一人で乗れる「スノーモビル」、雪遊びやそり遊びが楽しめる「キッズパーク」などアクティビティはいろいろ。
ホテルタングラム

ジャグジーを備えた全天候型の室内プール

ホテルには、子どもに大人気の室内プールもあり、悪天候時も安心。このほかパパやママがゆっくり滑りたいときにうれしい託児サービスもあります。

■ホテルタングラム 
住所:長野県上水内郡信濃町古海(アクセス
電話:026-258-3511

■タングラムスキーサーカス 
住所:長野県上水内郡信濃町古海(アクセス
電話:026-258-3673
営業:今後の降雪により整い次第オープン~2020年3月21日(土)予定
 

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳(富士見高原スキー場・富士見パノラマリゾート)

子供スキーデビュー、子連れスキーホテル・旅行・泊まり 星野リゾート

スキーが確実に上達するメソッド「雪ッズ70」

都心から車や電車で約2時間、山梨県の八ヶ岳エリアにある「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」。ゲレンデに隣接したリゾートではないものの、充実したリゾート滞在ができるファミリーに人気のホテルです。
リゾナーレ八ヶ岳

晴天率85%のゲレンデでスキーを楽しもう

リゾートからは、富士見高原スキー場と富士見パノラマリゾートへの無料送迎バスが出るのでスキー場へのアクセスもラク。子ども向けエリアとしては、富士見高原スキー場にキッズランド、富士見パノラマリゾートには屋内休憩所を完備したキッズパークがあります。 
スノーリゾートタウンの中央にある「KIDSスノーパーク」

スノーリゾートタウンの中央にある「KIDSスノーパーク」

またゲレンデに出かける前には、リゾート内の「ピーマン通り」に登場する「KIDSスノーパーク」で遊ぶのもおすすめ。約72平方メートルの緩やかな傾斜のゲレンデは小さな子のスノーデビューにぴったりです。

もう少し大きなキッズは、富士見高原スキー場のゲレンデで、星野リゾート式スキーレッスン「雪ッズ70(ユキッズセブンティ)」にぜひ挑戦を。上達度合いは「雪ッズ70レッスンカルテ」で把握でき、レッスンカルテは来シーズン以降も使えます。
リゾナーレ八ヶ岳

宿泊者はウェアやギア、小物などすべてレンタル無料

宿泊者はウェアや道具のレンタルもすべて無料なのも嬉しいところ。 ほかにもリゾート内には、波の出るプール「イルマーレ」や温浴施設「もくもく湯」、癒しの空間「ブックス&カフェ」などがあり、家族に合わせた滞在ができます。
 
■星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
住所:山梨県北杜市小淵沢町129-1(アクセス
電話:0570-073-055(リゾナーレ予約センター)

■富士見高原スキー場
住所:長野県諏訪郡富士見町境12067(アクセス
電話:0266-66-2932
営業:2019年12月20日(金)~ 2020年4月5日(日)(予定)

■富士見パノラマリゾート 
住所:長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703(アクセス
電話:0266-62-5666
営業:2019年12月7日(土)~2020年4月5日(日)(予定)


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。