旅行も兼ねて!のんびり1泊で子供のスノーデビュー

のんびり1泊旅行で子供のスノーデビュー

のんびり1泊旅行で子供のスノーデビュー

子どもが小さいと、一日のうちでゲレンデで遊べる時間もそう長くないもの。せっかくスキー場まで足を運ぶなら、旅行も兼ねて泊まりでゆっくりするのも一案です。泊まりの場合、スキー場の施設だけではなく、ホテルのサービスやゲレンデへのアクセスなども選ぶポイントにするとよいでしょう。シーズン中はリフト券などが付いたお得な宿泊プランを用意しているホテルもあります。今回は子連れのスキーデビューにぴったりな関東近郊のリゾートホテルを3軒ご紹介します。

※これからオープンのスキー場については、オープン日は予定です。気象状況により変更もありますので、詳細はお問い合わせください。
※イベントや料金プランの最新情報はお出かけ前にご確認ください。
※写真は去年のものやイメージ等です。

 

軽井沢プリンスホテルイースト(軽井沢プリンスホテルスキー場)

軽井沢プリンスホテル

軽井沢プリンスホテル イースト。コテージタイプの部屋なら、まるで別荘に来たような気分。ファミリーも気兼ねなくくつろげる

ゲレンデ

スキー場の晴天率は90%以上!

軽井沢駅前に位置し、東京から新幹線で約1時間という抜群のアクセスの良さが魅力の「軽井沢プリンスホテル イースト」。ホテルの目の前には軽井沢プリンスホテルスキー場があります。

休憩室や授乳室、更衣室を備えた「SnowHouse(スノーハウス)」もあり、小さな子連れでも安心。スノーパークも2カ所あり、そり・チュービング・ふあふあ(エアートランポリン)などが楽しめます。 また、嬉しいことに小学生以下のお子さまは全日リフト券無料です。

 

スノーパーク

スノーパークでそり遊び

スキーに初挑戦するなら、3~9歳を対象にしたパンダルマンレッスンもおすすめ。通常の板より短い70cm の特製スキー板を使い、人工マットゲレンデで恐怖を和らげたり、パンダのキャラクターが一緒に準備体操をしてくれるなど、楽しみながら上達できるユニークな内容になっています。  
 
アウトレットショップがある軽井沢・プリンスショッピングプラザもホテルからすぐ。さらにボウリング場などもあり、アフタースキーの楽しみが多いのも同ホテルの魅力といえるでしょう。

軽井沢プリンスホテルにはウエストとイーストがありますが、子連れならスノーパークにも近いイーストが便利。本館のツインルームや4人まで泊まれる独立したコテージなど、客室タイプもいろいろあります。 

 

・おすすめ宿泊プラン「プリンス・スキーパック

期間:2016年11月3日(木・祝)~2017年3月31日(金)まで
料金:1泊朝食+リフト1日券付、4名用コテージ4名利用時1名さまあたり11,095
円~ 

軽井沢パンダルマンキッズスクール

軽井沢パンダルマンキッズスクール

・軽井沢パンダルマンキッズスクール
対象:3~9歳、ブーツサイズが15~23cmのお子さま(専用スキー板使用のため)
料金:グループレッスンプログラム2時間8,000円、4時間14,000円(いずれも講習料、スキー・ブーツ・ヘルメットの教材レンタル料、専用ゲレンデ・スノーエスカレーター使用料を含む)
スケジュール:2016年12月17日(土)~2017年4月2日(日) ※詳細なスケジュールはウェブサイトを参照

■軽井沢プリンスホテル イースト
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(地図・アクセス
電話:0267-42-1111

■軽井沢プリンスホテルスキー場 
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(地図・アクセス
電話:0267-42-5588
営業:2016年11月3日(木・祝)~2017年4月2日(日) (予定)

 

>> 次のページでは、湖畔のファミリーゲレンデを紹介