東に上野恩賜公園、西に東京大学キャンパスを抱く24階建てタワー
歴史と文化の薫る上野池之端に誕生するシティタワー上野池之端

日本初の公園として開業した上野恩賜公園。約53haの敷地には、不忍池の水辺や森が拡がり、春の桜並木は多くの行楽客が訪れます。また国立西洋美術館や東京都美術館などの文化施設もあり、日本最古の動物園、上野動物園は多くの家族連れで賑わっています。
シティタワー上野池之端

シティタワー上野池之端

シティタワー上野池之端は、この上野恩賜公園を東に抱き、東京大学のキャンパスを西に抱く、池之端二丁目に建つ全135邸の地上24階建てのタワーマンションです。上野方面から現地に向かうと、まず不忍池の水辺に出会います。周囲は、散策道になっており歩いていてとても心地よいです。
シティタワー上野池之端

不忍池のほとりは、遊歩道が整備され絶好の散策スポットになっている。

上野方面から歩くと、不忍池越しにはっきりと建設中の建物が見えます。開放的なロケーションであることが伺えます。周囲には、ルネサンスタワー上野池之端やパークタワー上野池之端、ウェリス上野池之端が建ち並びます。マンションからの開放的なビューでいずれも人気があります。
シティタワー上野池之端

不忍池のほとりからシティタワー上野池之端を望む

現地につくと、空に向かってシャープにのびるシティタワー上野池之端の建物フォルムが見えます。窓面がワイドで、開放的な景色を予感させます。
シティタワー上野池之端

シティタワー上野池之端の建物外観

現地から、千代田線の根津駅へは歩いて5分。根津駅から千駄木駅、谷中霊園のエリアは、谷根千と呼ばれカフェや和菓子屋をはじめ洒落たお店が点在します。こうした人気スポットが身近にあるのも、このエリアで暮らす魅力だと思います。

次のページでは、秋葉原にあるモデルルームを訪ねます。