パナソニック「目元エステEH-SW50」

パナソニック株式会社 目元エステEH-SW50

パナソニック株式会社 目元エステEH-SW50

家電好きでなくとも、その存在を知る人が多いパナソニック「目元エステEH-SW50」。交通広告やTVCMの露出度も多く、ガイド自身も駅で見かけたポスターのインパクトに圧倒されたうちの一人です。商品を使用している姿は、まるで未来のグッズを着けているよう。はたまた3Dテレビを見ていそうな雰囲気ですが、実際の使い心地はどうなのでしょうか。

手のひらサイズでとても軽い

三日月型の商品を手にとると、まずはコンパクトさが印象的。手のひらサイズで、片手にすっぽり収まるサイズです。また重さも本体約180gとのこと。りんご1個300gなどとよく言われますから、それよりもずっと軽いのですね。これなら目もとに乗せても、首が疲れなくて済みそう、と感じました。

早速トライ!使い方は?

メッシュ状のプレートを水道水にくぐらせて

メッシュ状のプレートを水道水にくぐらせて

いつも通り目もとに疲れを感じているので、早速トライ。まずはプロペラのような形の付属の給水プレートを水道水で濡らします。プレートには細かい穴が開いていて、その穴の中やプレート表面に小さな水滴が細かく付く程度で、そこまで水を多く使う印象はありません。本体にプレートをはめ込むときには、「カチッ」と気持ちがいい音がしました。



幅1.5センチほどのバンドundefined引っ張ると力強い弾力で長く使えそう

幅1.5センチほどのバンド 引っ張ると力強い弾力で長く使えそう

目もとエステは、座って使用する場合、付属品のバンドで頭部に固定します。バンドは割と作りが良いゴムなので、商品をしっかり固定でき、フリーハンドで使えるので便利。一方、あお向けで使用するときは、バンドを付ける必要はなく、商品を目もとにのせるだけでOK。ガイドは、まずは気軽にあお向けで試してみることに。顔と本体の境目にあるゴムのカーブもしっかりフィット。顔にぴったり装着されています。


ボタンは2つだけなので説明書いらずで操作ができる

ボタンは2つだけなので説明書いらずで操作ができる

ボタンスイッチは「電源/温度」と「リズム」と表示がある2つのみ。とってもシンプルです。電源を入れた後はお好みの「温度」「リズム」をそれぞれ2つの選択肢の中から選びます。スイッチを入れる前、本体を目もとにあててみたところ、商品の下側が、目もとの「四白(しはく)」と呼ばれるツボにあたり、適度な重みが心地よく感じられます。ここをリズムタッチの動きで刺激してくれるのであれば、気持ちが良いだろうな、という期待が膨らみます。

リズムタッチ2つの違い

リズム1と2どちらを選んでるか、ライト点灯で確認可能

リズム1と2どちらを選んでるか、ライト点灯で確認可能

いよいよ電源を入れてスイッチオン。まずはリズム1「ゆったりとした弱めのリズム」から。一定の少し奥行きのある振動が、四白部分に響きます。動きの面白さを味わっていると、途中からは強弱がついた小刻みなリズムになり、その頃には商品もしっかりあたたかくなってきました。目は閉じて使用するので、気持ち良さと目を閉じているのが重なり、つい寝てしまいそうになるのをなんとかこらえて、引き続き動きを確認します。リズム2「しっかりとした強弱のあるリズム」に合わせてみると、先ほどの小刻みな動きがメインでコースがスタート。強弱の幅の大小で動きにバリエーションがつけてあり、機械っぽい単調さは感じられません。エステティシャンの手技を参考にしているとのこと。はじめはリズム1にし、慣れてきたらリズム2に合わせてみるのも良いかも。