秋の深まりとともに、チーズ好きが心待ちにしているチーズがあります。

それが、「モン・ドール(Mont d'Or)」。「ヴァシュラン」とも呼ばれるこのチーズは、フランスとスイスの国境、ジュラ山脈モン・ドール(”黄金の山”の意味)一帯で作られている、ウォッシュタイプのチーズです。
季節限定のチーズ「モンドール」

季節限定のチーズ「モンドール」

フランスとスイスの国境界隈で作られているため、フランス産とスイス産両方のモン・ドールがありますが、ここでは、日本で多く流通しているフランス産についてご紹介します。
フランス産undefinedモンドール

フランス産モンドール。表皮がオレンジ色がかったスイス産よりも白っぽく、風味はより優しいものが多い様に感じます。



モン・ドールってどんなチーズ?

一般的な形は、直径約15cm、高さ5cmほどの円盤状。“エピセア(epicea)”と呼ばれる、もみの木の樹皮で側面を囲まれ、さらにもみの木箱に入っています。

というのも、このチーズは熟成が進むとスプーンですくって食べられるほどトロトロに柔らかくなるので、こうして木で囲っていないと形を保てないのです。クリーミーでなめらか、上品でうっとりするような味わい。一度食べたらトリコになってしまう素晴らしいチーズです。
モンドール

食べ方も、色々楽しめる期間限定のモンドール

また、モン・ドールは、I.N.A.O.が管理する“A.O.C.”、そしてEUの管理する“A.O.P.”という制度によって産地・製法等が厳格に保護されています。その主な基準では、下記の様に決められています。
  • 産地:フランシュ・コンテ地方(フランス)
  • 原料乳:牛乳(無殺菌乳)
  • 熟成期間:最低3週間
  • 重さ:500~1000g、または1.8~3kg
  • 製造期間:8月15日から翌3月15日 

モン・ドールはある時期しか食べられない?

ここで注目したいのが「製造期間」です。そう、モン・ドールは作ってもよい期間が8月15日から翌3月15日と決まっている、季節限定のチーズなのです。最も早い8月15日に製造したものでも、熟成を経て日本へ届き、店頭に並ぶのは9月下旬頃。少し秋の気配を感じるその頃、チーズ好きは、もうそろそろかな? と、モン・ドールが店頭に並ぶのを心待ちにしています。季節感を大切にし、初物を楽しむ日本人の心をくすぐるチーズですね。

モン・ドールの初物を楽しむのも一興ですが、味が乗ってくるのは、秋が深まり温かい食べ物が欲しくなる10月下旬以降。ボジョレーも解禁され、クリスマスを迎える時期ですので、パーティーで楽しむのもおすすめです。あまりの美味しさに、みんな感動して場が盛り上がる事間違いなし!
モンドールパーティー

モンドールがあれば、ホームパーティーがより美味しく華やかに!

モンドール・クープundefined大きなモンドール

モンドールには2kg前後の大きなサイズも。大人数でのパーティーにおすすめです。

次は実際に、モン・ドールを買う時の選び方をご紹介します。


モン・ドールの選び方

まずは、見た目がたっぷりふっくらしていて、波打つビロードのような表皮がなめらかできれいなもの、そして少し押してみて柔らかいものがおすすめです。

なお、トロトロではなくむっちりとした状態のモン・ドールに出会う事もありますが、それも一つ一つが生きているナチュラルチーズならではの個体差。そして実は最近のフランス人が好むのは、むしろこのむっちりの方。モン・ドール本来の上品でミルク感豊かな風味を楽しめます。


モン・ドールの食べ方

モン・ドールの食べ方は、主に2つ。どちらもとても魅力的な食べ方ですので、順にご紹介します。

■まずはそのまま、スプーンですくって!
1.食べる30分~1時間前に冷蔵庫から出し、室温に戻す。
2.上部の外皮にナイフでぐるりと一周切り込みを入れ、皮を剥がして取り除く(この皮は取っておきます)。
※一度に食べきれなさそうな時は、スプーンが入るくらいの丸穴をスプーンで上皮にくるりと開けるのがおすすめ。残った時にも乾燥しにくく、くり抜いた皮で蓋をするのも簡単です。
3.とろとろクリーミーな中身をスプーンですくい、バゲットや野菜にたっぷりつけていただきます!
4.余ったら取っておいた皮で蓋をし、さらに木箱の蓋をかぶせて冷蔵庫で保存します。乾燥を防ぐため、さらに全体をラップで包んでおくと、より日持ちがします。
とろとろモンドール

モンドールは、とろとろの中身をスプーンですくって!

スプーンですくうなんて、とろとろのモン・ドールだからこそ出来る贅沢美味な食べ方ですね。
とろとろモン・ドール。パンにつけて

とろとろモン・ドールをパンにつけて。簡単で完璧な一品です。

そしてモン・ドールが残ったら、次の方法もお勧めです。

■焼いてフォンデュのように!

1.上部の皮を切り取ったモン・ドールに、少量の白ワインを加えて混ぜる。
2.にんにくのみじん切り、パン粉を上にふる。
3.木箱の側面をアルミホイルでぐるりと包み(木が焦げないように)、200℃のオーブンで30分程焼く。パン粉に焼き色が付き、グツグツしたらできあがり。
4.チーズフォンデュのようにパンや野菜を付けて、アツアツのうちにいただきます。
モンドールを焼いて。

焼くとまるでチーズフォンデュのように。とろけたところをパンや野菜に付けていただきます。

ここまで読まれて、すぐにでもモン・ドールを食べたくなったのではないでしょうか? そんな方のために、購入先をいくつか紹介いたします。


モン・ドールが買えるお店

ナチュラルチーズ専門店 フェルミエ愛宕店
ナチュラルチーズ販売の草分け。最高品質のチーズを多数取り揃えている専門店
住所:東京都港区愛宕1-5-3愛宕ASビル1F
TEL : 03-5776-7720
営業時間 : 11:00 - 19:00
アクセス:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅より徒歩約5分
地図:Yahoo!地図情報
URL:www.fermier.co.jp/
  ※他に、渋谷店・札幌店・ネットショップもあり

成城石井アトレ恵比寿店
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿3階
TEL : 03-3448-1070
営業時間:8:00 - 23:00
アクセス:JR恵比寿駅より徒歩0分(駅ビル内)
URL:www.seijoishii.co.jp/
※その他、関東・中部・関西地区に多数店舗あり

世界のチーズ専門店 オーダーチーズ
日本最大級のチーズ専門&輸入食材のネットショップ
URL:www.order-cheese.com/
TEL:03-5289-0732 (平日11:00 ‐ 18:00)

■ネットショップ
Amazon
楽天

その他、全国の高級スーパーやデパートの多くでも取り扱われています。この秋冬は、美味しいモン・ドールで幸せな時間を過ごしてみて下さいね。

<あわせて読みたい関連記事>
冬はチーズフォンデュ!おすすめのチーズ&レシピ5選
ギフトに最適!お歳暮や手土産におすすめのチーズ5選
シャンパーニュと合わせたいチーズ厳選5種
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。