シュワシュワとした泡や華やかな雰囲気が気分を盛り上げてくれる、フランス、シャンパーニュ地方のスパークリングワイン“シャンパーニュ”。パーティーやお祝い事には欠かせないお酒ですね。そんなシャンパーニュと合わせたいチーズは本当にたくさん! その中でも今回は、伝統的な組み合わせに私の好みも交えつつ、厳選した5種類のチーズをご紹介します。


目次

ブリア・サヴァラン(Brillat-Savarin)
シャロレ(Charolais)
シャウルス(Chaource)
ボーフォール(Beaufort)
ラングル(Langres)


ブリア・サヴァラン(Brillat-Savarin)

原産地:フランス。主にノルマンディー地方とブルゴーニュ地方
ブリアundefinedサヴァラン

ブリア サヴァラン


種類:フレッシュまたは白カビ
原料乳:牛
固形分中乳脂肪分:75%
形状:直径12~13cm、高さ3.5~4cm、重量約500gの円盤状。   約200gの小型タイプもある。
季節:1年中
※AOC未取得。上記概要は参考まで。


チーズ名は、「美味礼賛」を著した事で有名な美食家、ブリア・サヴァランの名から付けられました。製造時に生クリームを加え、固形分中の乳脂肪分がなんと75%という、とてもリッチな“トリプルクリーム”と呼ばれるタイプのチーズです。日本では主にフレッシュな状態で流通していますが、白かびを付けて熟成させたタイプもあります。その他、ドライパパイヤやレーズン、ハーブやトリュフ、ナッツをまぶしたりと、ブリア・サヴァランをベースにアレンジしたものも見られます。

味わいは濃厚ながら酸味があって爽やか。なめらかな舌触りで、コクがありつつも上品で繊細なクセのないチーズです。このブリア・サヴァランとシャンパーニュは絶妙な組み合わせ。濃厚なチーズのコクをシュワっとした泡が洗い流し、しつこさを感じさせません。さらにお互いの旨味や酸味、コクがバランスよく交わり、一段上の味わいへと引き上げてくれます。

ブリア・サヴァランをそのままシャンパーニュと合わせるのももちろん美味ですが、おすすめは、ドライフルーツとも合わせること。フレッシュなブリア・サヴァランの上にレーズンをトッピングしたり、周りにまぶしつけたりして一緒に食べてみましょう。シャンパーニュはフルーツとの相性も抜群なので、この3つが口の中でひとつになると、さらに幸せなマリアージュになること間違いなし!ぜひお試しください。

ブリアサヴァランのアレンジ

フレッシュタイプのブリアサヴァランなら、ドライフルーツをまぶしたりトッピングしたりと、アレンジも楽しめます。