Vitaにチャンス?

PSVitaの図

苦戦が続くPSVita、ここが正念場です(イラスト 橋本モチチ)

最後に3DSのライバル機であるPSVitaについてちょっとお話してみたいと思います。というのも、2012年のこの秋から年末にかけてはPSVitaにもチャンスがあると思うからです。

3DSはかなり女性層にターゲットを定めた展開を用意しています。もちろん、全くゲーマーが遊ぶゲームを用意しないというわけではありません。スクウェア・エニックスのBRAVELY DEFAULT -FLYING FAIRY-や、バンダイナムコゲームスのPROJECT X ZONEなど、期待の新作も待っています。また、実は任天堂は12月のタイトルについて発表がなされていませんので、大きなタイトルがもう1つ入ってくる可能性も十分に考えられます。

それでも、3DSの流れとしては女性層の獲得をかなり狙っている、任天堂はWiiUの発売に力を注がなくてはいけない、そういったことを考えれば、PSVitaにとってはコアなゲームユーザーを獲得する絶好のタイミングと言えるでしょう。逆にここを逃すと、3DSには2013年春にモンスターハンター4の発売が迫っていますから、PSVitaは、また厳しい戦いを強いられることが想定されます。

ここまで、PSVitaはなかなかコンテンツが揃わなく、普及台数が伸びませんでした。いまだ100万台に届いていません。苦しいと言われた初期の3DSでも発売から半年を待たず100万台は突破していましたから、どれほど厳しい状況かはお分かりいただけるかと思います。

9月20日から開催される東京ゲームショウは、任天堂は毎年出展しておらず、2012年の今年、マイクロソフトも出展見送りを決定しています。つまり、ハードメーカーはソニー・コンピュータエンタテインメントだけということになります。PSVitaの2度目の年末商戦、そしてその直前の大きなイベント、おそらくここが流れを変える大きなチャンスであり、正念場でしょう。

3DSが女性層を狙って間口をさらに広げると共に、PSVitaがハードの魅力を開花させていよいよ盛り上がる、そんな年末商戦を期待したいと思います。

【関連記事】
絶好調の3DSが販売不振で任天堂赤字の謎(AllAboutゲーム業界ニュース)
3DSの実際に遊んで面白かった10タイトル(AllAboutゲーム業界ニュース)
画面の大きさ以外の3DSLLの良いところ(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。