どっちを買うか悩んでいる人へ

3DSLLの図

どーんと大きくなった3DSLL。でも、大きくなっただけじゃないんです

ニンテンドー3DS(以下3DS)が絶好調です。なぜ、絶好調かと言われれば人気シリーズの最新作、Newスーパーマリオブラザーズ2が発売されたというのが理由の1つかもしれませんが、もう1つは、「ニンテンドー3DSLL(以下3DSLL)」が発売されたからでしょう。

3DSはこのところ週販4万台~6万台で推移していましたが、3DSLLが発売された週は約24万台を販売、うち約19万台が3DSLLという人気ぶり。その後も販売は快調で、3DSシリーズは累計700万台を突破しました。ニンテンドーDS(以下DS)シリーズと比較すると1ヶ月強遅いものの、ほぼ同等のペースで売れていることになります。ちなみに、同じ携帯ゲームハードであるPSPやPlayStationVitaは週販1万台前後で推移。2012年夏の携帯ゲーム機市場は3DSの独壇場といった様相を呈しています。

さて、3DSが3DSLLになって変わった点といえば、何と言っても画面の大きさです。画面サイズは従来と比べて1.9倍。単純に大きい画面で遊べるのは快適です。しかし、実は画面サイズ以外にも、3DSから改善しているポイントがいくつもあります。今回は、画面の大きさ以外で、3DSLLの良い所をご紹介しますので、小さい方と大きい方、どっちを買おうかと悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

大きく見えて、汚れにくい

3DSLLの図

数字で聞く印象以上に、3DSLLは画面が大きく感じられます

まず、画面の話です。やっぱり画面の話なのか! と思われるかもしれませんが、画面の大きさそのものの話ではございません。1つには、画面と本体の比率の話。ニンテンドーDSiとニンテンドーDSiLLの時にも同様のことがありましたが、3DSは本体をパカッと開けた時に画面以外の部分、ボタンとかスピーカーが配置されている余白ですね、この部分に対する画面の印象が小さいのです。逆に、3DSLLは余白に対する画面の比率が大きい。すると、画面がゆったり大きく見えます。

3DSLLになって1.9倍に画面が大きくなったとご紹介しましたが、感覚的にはもっと大きく感じます。ガイドの周りには、一度3DSLLを使い始めると3DSの画面が余計に小さく感じるという人がかなりいるのですが、この辺のバランスの問題もあるんじゃないかと思います。

それから、画面周りでもう1つ。画面が汚れにくいというのがあります。これはむしろ、3DSの画面が汚れやすかったのです。何の話かといいますと、DSシリーズは上下の画面が同じ大きさでした。しかし、3DSは下画面の方が小さいので、畳んだ状態の時に、上画面に下画面の枠の後がつくことが多かったのです。これ、頻繁に遊んでいると地味に気になる点ですよね。3DSLLでは上画面側に丸いポッチがついていまして、これが小さな隙間を作って、下画面の枠が直接上画面に触れない構造になっています。小さなことですが、長く使うユーザーからするとすごく大事な改善点です。

次は、ボタンやタッチペンなどの使いやすさについて