2012年後半の3DSは?

3DSの図

3DSLLも発売され、勢いに乗っている3DS

夏商戦も終わり、2012年もいよいよ後半戦。9月20日から開催される東京ゲームショウで大きな発表が期待されるところですが、そろそろ秋から冬にかけての各プラットフォームの戦略が見えてきています。そんななかで今1番勢いがあるのはニンテンドー3DS(以下3DS)です。2012年の3DSはここまでとても順調に普及台数を増やしてきました。

任天堂は、年末にはWiiの後継機となる据え置きハードWiiUを予定し、そちらにかなり注力していくことが想定されます。そんな中、3DSの拡販ももちろんおろそかにするわけにはいきません。ここまでの3DSの展開をおさらいしつつ、後半戦3DSがどのように戦っていくのか、お話してみたいと思います。

粒ぞろいの前半戦

3DSと各タイトルの図

多様なソフトが、それぞれの規模感に応じた数字をしっかり取れる市場ができてきました

まずは、これまでのおさらいです。発売後半年ほどは苦戦の続いた3DS、2011年8月に1万円の値下げをし、年末にスーパーマリオ3Dランド、マリオカート7、モンスターハンター3Gを発売すると、販売数は大きく伸び、一気に流れが変わります。実はこの際、ガイドは、2011年はキラータイトルで一気に引っ張った状況ですが、2012年は中堅クラスのタイトルがその規模感に見合った形で売れて、コンテンツの多様性が出ていくことがプラットフォーム全体に対して重要だというお話をこのゲーム業界ニュースでさせていただきました。

実際どうなったかというと、1月のバイオハザード リベレーションズに始まって、牧場物語 はじまりの大地、新・光神話 パルテナの鏡、キングダムハーツ 3D、ファイアーエムブレム 覚醒、ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D、マリオテニスオープン、太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブなど、2012年はそれぞれ20万本~80万本クラスのタイトルが毎月発売され、前半戦は粒ぞろいのコンテンツで活況な市場を保ちました。7月末にはNewスーパーマリオブラザーズ2とニンテンドー3DSLL(以下3DSLL)が発売され、8月いっぱいにわたり普及台数を大きく伸ばし、累計で700万台を突破。2011年末にキラータイトルでつけた勢いを生かしたまま中堅タイトルで引っ張り、夏にもう一度キラータイトルを投下して折り返しということで、理想的な展開ではないかと思います。

それではいよいよ、ここから秋、そして冬にかけて3DSがどうなっていくのか、お話していきたいと思います。