キャッチコピーにハードの戦略が現れる

CMなどで、ゲームの宣伝をする時に、キャッチコピーってありますよね? 例えばニンテンドーDSのキャッチコピーは「Touch! 」でした。タッチパネルという新しいデバイスを全面に押し出したコピーですね。もう少し遡って懐かしい話をしますと、ファミコンの発売当時のキャッチコピーは「家族みんなでファミリーコンピュータ」というものです。コンピューターがまだ一般に普及していない頃に、家庭でコンピューター相手にゲームができるという売り込みでした。

キャッチコピーを見ると、その商品が何を売りにしているのか、であるとか、誰に売ろうとしているのかが分かりますね。これはもちろん、次世代ハードについてもいえるわけです。そこで、今回はXbox360、PLAYSTATION3(以下PS3)、Wiiの3機種について、キャッチコピーを比較して、そこからそれぞれの戦略をみていこうと思います。

do! do! do! しようぜ!

do!do!do!している図
軽快な音楽にあわせてTOKIOの5人が楽しく遊ぶというCMで、Xbox360のイメージアップをはかりました
Xbox360が、2007年夏から人気アイドルグループのTOKIOを起用して行ったプロモーション展開でのキャッチコピーが、この「do! do! do! しようぜ! 」です。これは当時のTOKIOの新曲do! do! do! とタイアップしたキャッチコピーでした。

TOKIOを起用した理由のひとつは、TOKIOがテレビ番組などで見せる、仲間同士で遊びを楽しむという姿がXbox360のコンセプトにマッチしていると言うことがあるそうです。確かに、Xbox360の最大の武器はXboxLiveという非常にクオリティの高いオンラインサービスによって、色んなソフトで簡単に、仲間同士での対戦や協力プレイを楽しめるところにあると言えます。また、老若男女を問わず認知度があり、いわゆるゲーマーだけではなくライトユーザーまで、幅広い層をターゲットできるということも、起用された理由でした。

【関連記事】
意外と知らない? XboxLiveの魅力(AllAboutゲーム業界ニュース)

しかし、このプロモーション展開には多少の疑問が残りました。1つは、Xbox360が持っている市場が、海外のゲームをやるようなとてもコアな層が多いという点です。もちろん、だからこそ、ライトユーザーに訴えかけるプロモーションが必要だとも言えるのですが、そこで問題になるのがコンテンツです。

TOKIOが宣伝したゲームは例えば格闘ゲームであったり、TPS(サードパーソンシューティング)と呼ばれるジャンルの北米で人気がある銃で撃ちあいをするゲームであったりして、必ずしもライトユーザー向けのものではありませんでした。

「do!do!do!しようぜ!」というキャッチコピーは、Xbox360というハードの持つ市場と、プロモーションのズレを感じさせる一方、Xbox360をマニアックなハードとしてではなく、広く一般に普及させたいと言うマイクロソフトの思惑が伺えるキャッチコピーだと言えるでしょう。

【関連記事】
何故Xbox360は売れないのか?(AllAboutゲーム業界ニュース)

次は、PS3のキャッチコピーについてお話したいと思います。