この夏、3DSを買った人へ

3DSの図

絶好調で夏のゲーム業界を盛り上げた3DS

暑い暑い夏が終わろうとしています。ゲーム業界にとって、2012年夏もっとも熱かったのはニンテンドー3DS(以下3DS)でした。2012年7月28日に大きくなった新型3DS、ニンテンドー3DSLL(以下3DSLL)が発売されてから、3DSの販売台数は激増、他のハードの追随を許していません。本体と一緒に購入されているのは、3DSLLと同時発売されたNewスーパーマリオブラザーズ2が多いでしょうか。

本体がたくさん売れたということは、新しい3DSユーザーがそれだけ増えたということで、そろそろ次のゲームを買おうかな、どれにしようかな、なんて人もたくさんいるのではないかと思います。というわけで、今回は3DSのオススメタイトルをご紹介したいと思います。

今回の趣旨は、とにかくガイドが実際にプレイして面白かったゲームをご用意してみました。中には、紹介するまでもない有名なタイトルも含まれていますが、有名だからって必ずしもオススメとは限らないわけで、あくまで実際に遊んで面白かったものを紹介する、というのを大事にして10タイトル選びました。

この夏3DSを買った人はもちろん、既に持っていたけどやり残していた面白いゲームがないかと探している方、これから買おうかどうか検討している方も、参考にしていただければと思います。

じっくり攻略したい!

世界樹の迷宮の図

上画面に3Dダンジョン、下画面にマップが表示されて、自分でダンジョンの全貌を明らかにしていくのが楽しい世界樹の迷宮

まずは、1人でじっくり攻略したい、アクションは苦手だから時間をかけていけばクリアできるタイプのゲームがいい、そんな人にオススメのゲームをご紹介しましょう。

RPGで面白いゲームを探しているという方にオススメしたいのが、アトラスから発売されている世界樹の迷宮シリーズ。3DSでは「世界樹の迷宮IV 伝承の巨神」が発売されています。3DSの下画面にタッチペンで地図を書きながら進むのが特徴的な3DダンジョンRPGで、この地図を書いて各フロアを踏破していくというのが冒険感があってたまりません。プレイヤーキャラクターは特定の登場人物ではなく、5人のパーティーメンバーを職業などを選んでプレイヤーが作成。このキャラクターの作成と育成が絶妙で、上手にやると5人が響きあうように長所を引き出しあって戦闘が有利になります。数々の困難なダンジョンを攻略しながら、自分の考えていた戦術が徐々に形になっていった時がまた楽しいのです。

RPGと言えば、リメイク作品ではありますが、スクウェア・エニックスから発売されている「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」もはずせません。これはとにかくモンスターを育てて配合して、また新しいモンスターを育てる、そしてそのモンスターで強敵に挑むというのが楽しいゲームです。どんどんモンスターを配合すると、次々にレベル1のモンスターが生まれて、それがまたレベルアップして、親のモンスターよりも強くなっていきます。そして良い頃合いでまた配合。次々新しい結果がでて、みるみる自分のモンスターが強くなっていくのが面白くてやめられなくなります。チマチマ遊ぶのが好きだ、という人にオススメです。

じっくり遊ぶゲームでもう1つご紹介したいのは、任天堂から発売のシミュレーションRPG「ファイアーエムブレム 覚醒」。ファイアーエムブレムシリーズの中では、初めての人がかなり遊びやすい作品ではないかと思います。壮大な物語の中で様々なキャラクターが登場し、それぞれをユニットとして扱ってマップ上で動かし、敵のユニットと戦闘して勝利を目指します。難易度を下げれば初心者でも気軽にお気に入りのキャラクターを強くしながら物語を楽しむ、というようなプレイが楽しめ、難易度を上げていけば熟練者も唸る難しさに。キャラクター同士が仲良くなると、結婚してその子どもが生まれるというシステムがあるのですが、両親のスキルを受け継ぐことを利用して強い次世代を育成したり、親と子のやり取りを楽しんだりというのも醍醐味。いつの間にかストーリーそっちのけで夢中になってユニットを育てていたりします。

次は、爽快感と緊張感が気持ちいいアクションゲーム、そしてみんなでワイワイ遊べるゲームをご紹介します。