ややこしいReWireの様々な問題

ReWire

これまで64bitDAWでReWireが利用できなかった

DTM上級者でも、なかなか扱いが難しいのがReWireです。

ReWireはスウェーデンのPropellerheadが規格化したDTMの通信技術で、同じPC内でそれぞれ独立して動作するDTMソフト同士を接続し、同期するためのものです。ここでは詳細は省きますが、DAWとスタンドアロンのソフトシンセをReWire接続することで、MIDIデータやオーディオデータをリアルタイムにやりとりすることができる、というものです。

ただ、これまで大きな問題がありました。それはReWireは32bitのシステムで、最近増えてきている64bitOSでネイティブに動くDAWやソフトシンセでは利用できなかった、ということ。というのは、Propellerheadが64bit版のReWireシステムを開発してこなかったため、誰も使うことができなかったのです。

長年登場してこなかったため、「もうReWireは終わった」と考える人も増え、ReWire非対応になるソフトも登場してきました。その最たるものがVOCALOID3でしょう。VOCALOID2はReWire対応であったため、DAWとVOCALOID2をReWireで組み合わせて使うユーザーは非常に多かったのですが、VOCALOID3では、それができなくなってしまったのです。


 
ReWire

Cubase 6.5の64bit版がReWireに対応

ところが、VOCALOID3リリース直前になって、突如としてPropellerheadがReWire 64bitを開発してきたのです。これは大きなニュースではあったのですが、問題もいろいろありました。1つ目は、64bit対応のDAW自体がReWire対応しないとすぐには使えないこと。2つ目は64bit同士であればReWire接続できるけれど、64bitのDAWと32bitのソフトシンセをクロスで接続することはできなかったのです。

当初は、各DAWもすぐに対応とまではいきませんでしたが、比較的早い時期にStudioOneとLogicがこれに対応するようになりました。


 
SONAR X1d

SOANR X1dでReWire64bitに対応

そして2012年3月になってからCubase、SONAR X1が次々と対応し、ほとんどの64bit DAWがReWire対応を終えたのです。

しかし、肝心のVOCALOID3は対応してくれないし、VOCALOID2も32bitアプリケーションであるため(VOCALOID3もですが)、せっかくDAWが対応しても、接続することができませんでした。

【関連記事】
Reason6を早速入手、ReWire 64bitはしばらくお預け!?
Cubase 6.5登場でついにReWire 64bitに対応したぞ!
SONAR X1もついにReWire 64bitに対応だ!!