すっきりと爽やか 生姜酒

所要時間:5分

カテゴリー:カクテル果実酒

 

生姜酒

香辛料としておなじみの生姜を使ってリキュールを楽しみましょう。漬け始めて20日ほどすると淡い黄色の生姜酒になり、飲み始められますが、そのまま半年ほど熟成させると、澄んだ淡い琥珀色に仕上がります。爽快な香りとピリッとした辛みのハーモニーが楽しめます。そのままストレートで飲んでも、またソーダー水で割っても、どちらもおすすめです。


生姜酒の材料(出来上がり量 約200ml

生姜酒
生姜 50g
氷砂糖 15g
焼酎 35度の焼酎 200ml
新ショウガは柔らかく仕上がり、ひね生姜はピリッとした辛さがあります。

生姜酒の作り方・手順

生姜酒

1:容器に漬け込み、日陰で3ヶ月以上漬け込む

容器に漬け込み、日陰で3ヶ月以上漬け込む
生姜は洗い皮のまま使います。汚れの部分は包丁で取り除きます。2cm厚さの乱切りにします。生姜が半分くらい入る大きさの容器を用意します。生姜を入れ、氷砂糖は30g、35度の焼酎200ml注ぎます。


ガイドのワンポイントアドバイス

20日ほど過ぎれば飲めますが、熟成には3ヶ月以上かかります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。