ランドリーバッグの使いこなしで帰宅後も楽ちん

ランドリーバッグ

ランドリーバッグを一緒に持参。着用した下着類はここに収納していきます

inバッグと一緒に、旅にぜひ持参して欲しいのが写真のようなランドリーバッグです。下着や靴下などをランジェリーケースやinバッグに詰めたら、一緒にランドリーバッグもセットして。
着用した下着や靴下類は、新しいものと一緒にならないように、ランドリーケースに入れていきます。きちんと分類しておくことで、翌朝の身繕いも楽に。

ランドリーケースは100円ショップで売っているようなものでOKですが、汚れ物を入れるものなので、ちょっとかわいい刺繍がついたものなどを選ぶほうが見た目もよいし、気分が上がるのではないかと思っています。帰宅後は、inバッグをスーツケースから出し、あとはランドリーバッグをそのまま洗濯機に入れるだけ。後片付けも大幅に時短できて、ラクチンです。


サシェタイプの浴用剤を上手に活用

浴用剤

浴用剤を芳香剤がわりに。最後には使って帰れば荷物になりません

ガイドは、こうしたランドリーバッグにはサシェタイプの浴用剤を入れていきます。旅も2、3日目になると汚れ物が溜まっていき、移動が重なる旅の場合はスーツケースの中にいやなにおいがこもりがちに。香りのついたサシェなどを持参するのも手ですが、旅行中は少しでも荷物を減らしたいもの。サシェタイプの浴用剤を芳香剤代わりに使い、最後の日にはバスタイムに使ってしまえば、余計な荷物を持参せずに済みます。

ハーブタイプのサシェは、袋から出してしまうと浴用剤であることがわかってもらえないこともあるので、まだ汚れ物がない行きの便では、浴用剤と明記されている袋に入れた未開封の状態で持ち込むことをオススメ。こうしたサシェタイプの浴用剤は、ホテルの寝具がちょっとにおう時などに、枕に忍ばせて使うこともできるので、1つあると重宝します。小さな、旅の癒しグッズです。


上手にパッキングできるかだけではなく、旅先での準備を楽にして、同室者への心遣いを忘れず、帰宅後もささっと後片付けをするためのパッキング術もあるように思います。小さな心配りで、旅もより快適になるはず。ぜひ試してみてくださいね!





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。