いくらで投資するべき?

いくらで投資するべき?

1万円など、少額から買える投資信託。とはいえ、「いくらの金額で投資するべき?」と迷うビギナーは多いハズ。そこで今回は、自分の投資金額を決めるための4つのステッ プをご紹介します。

<投資金額を決めるための4つのステップ>
STEP1:「何のために、いつ、いくら?」を決める
STEP2:投資に回せるお金を把握する
STEP3:手持資産の増え方をシミュレーションする
STEP4:目標金額から毎月の必要積立額を算出する


 

STEP1:「何のために、いつ、いくら?」を決める

あなたの投資の目的は何ですか? という問いに、はっきりと答えられる人は意外と少ないもの。単に「お金を増やしたいから」では、せっかくの運用も長続きしないかもしれません。

投資は目的ではなく、将来の希望を実現するためのあくまで手段です。「40歳までに1000万円つくって独立したい」「60歳までに老後資金2000万円を準備したい」など、夢や目標は十人十色。まずは自分自身が「何のために、いつまでに、いくらにしたいか」という投資の目標を定めましょう。自分自身の将来の希望を描くことが、資産運用の第一歩なのです。

STEP2:投資に回せるお金を把握する

目標が決まったら、次は、投資に回せるお金がいくらあるかを把握しましょう。まず、今持っている金融資産を「日常生活に必要なお金」、「近い将来に使う予定が決まっているお金」、「当分使う予定のないお金」の3つに分類してみてください。
自分の資産状況を確認しておこう!

自分の資産状況を確認しよう!


「日常生活で必要なお金」とは、日々の生活費や突然の出費に備えるお金。お給料の3ヵ月分から半年分を目安に、いつでも引き出せるよう普通預金、MMFなどに置いておくとよいでしょう。

「近い将来に使う予定があるお金」とは、例えば住宅購入資金や子供の進学資金など。使う時期が来るまで、定期預金や国債など、安全性、確実性の高い商品に置いておきます。

これら二つに当てはまらない「当分使う予定のないお金」が、投資にまわしてもよいお金ということ。100万円以上あるという人もいれば、現時点ではゼロという人もいるでしょう。この資金が少ない人、ゼロの人もご安心を。毎月の収入からの積立投資も含めて、目標金額を目指せばよいのです。

次のページで、いよいよ自分にあった投資金額を出していきます。>>>