リラ修道院への道

聖母教会の柱廊

聖母教会の柱廊。廊下もこれだけ鮮やかだが、内部はさらに圧巻。残念ながら内部撮影禁止なので、フレスコ画の写真はすべて柱廊のもの

■エアー&ツアー情報
旅の起点はブルガリアの首都ソフィア。日本からの直行便はないので、パリやロンドンなどを経由する。

リラ修道院はソフィアから120kmほど。ソフィアからバスで3時間程度だが、本数が少ないうえに滞在時間が短くなってしまうので、ツアー等を利用した方がベター。ツアーではリラ修道院と同時に「ボヤナ教会」を訪れることが多い。

■周辺の世界遺産
ソフィア近郊の世界遺産としては、ソフィア市内にリラ修道院同様にフレスコ画が美しい「ボヤナ教会」があり、ソフィアから200km(電車で約3時間)の場所に「カザンラックのトラキア人の墳墓」がある。ブルガリアはトラキア文明の中心地で、黄金のマスクをはじめ、歴史的な発見が相次いでいる。

リラ修道院のベストシーズン

4階建ての僧院

4階建ての僧院。個々の部屋はもともと僧房だったため、かなり狭くて質素

ソフィアは1年を通じて東京より5度ほど気温が低い程度。夏の平均最高気温は27度、冬の平均最低気温は-4度。

リラ修道院は標高1,100mほどでソフィアより500m高く、ソフィアより若干寒い。冬は雪も降る。雨が多いのは5~7月と11~12月。

世界遺産基本データ&リンク

聖母教会のフレスコ画、イエスの像

フレスコ画の中心にはイエスや12使徒、聖人が据えられ、その周囲にブルガリアの聖人や庶民、悪魔や怪物が配されている

【世界遺産基本データ】
登録名称:リラ修道院
Rila Monastery
国名:ブルガリア共和国
登録年と登録基準:1983年、文化遺産(vi)

【関連サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。