多民族国家マレーシアの料理は無限大

マレーシア料理と聞いて、即座に思い浮かぶ料理はあるだろうか。思い浮かんだら、あなたはマレーシア料理通ですね! 多くの方は、なかなか思い浮かばないのではないだろうか。それは無理もないこと。同じ東南アジアに位置するタイやベトナムに比べて、日本ではマレーシア料理店の数が圧倒的に少ないからである。
ナシレマ

ココナツミルクで炊いたご飯に小魚、ピーナツ、鶏肉、卵、サンバルなどを添える「ナシレマ」。マレーシアの定番朝ごはん

マレーシアは、多民族国家。マレー系、インド系、中国系を中心とした多くの民族が共に暮らしているため、これがマレーシア料理なのだと、一括りするのは難しい。民族の数だけ、いや、それに加えて各民族料理が融合したものもあるわけだから、料理の数は無限大といってもよいかもしれない。となると、マレーシアはますます未知の料理で……と敬遠する方もいらっしゃるかもしれないが、現地にならって、「マレー系の料理」「インド系の料理」「中国系の料理」という分け方をして料理を見ていくとわかりやすいだろう。
オタオタ

魚のすり身に唐辛子などの香辛料を加えてバナナの葉で包んで焼いた    「オタオタ」

現地さながらの味を提供する「マレーカンポン」

日本のマレーシア料理店はどうだろうか。やはり、料理を作る人が何系の民族かによって変わってくるところもあるが、多くは民族を問わず、マレーシア全土で親しまれている代表的な料理をひと通り揃えている店が多いようである。

さて、そんなマレーシア料理を、マレーシアに数年間滞在し、マレーシアに暮らす日本人向けの現地雑誌のチーフエディターとして活躍されていたマレーシア通の女性とともに、彼女が薦める店に食べに行った。

八丁堀と茅場町の中間というオフィス街に佇む「マレーカンポン」である。彼女は帰国後も、現地さながらの味を求めて、この店に足繁く通うという。