マレーシア ガイド 古川 音

ふるかわ おと

滞在経験を通して、多民族マレーシアの魅力を伝える編集ライター

マレーシアの首都クアラルンプールに4年間暮らす。現地情報誌『パノーラ』『ハローマレーシア』(ともにCEM.ASIA)の編集担当として活動。帰国後は、マレーシアでの実体験をもとにした執筆、講演。また「マレーシアごはんの会」を立ち上げ、マレーシア人とコラボしたイベント、マレーシア人シェフに習う料理教室を主催。

得意分野

マレーシア料理全般、マレーシアの観光情報・文化・伝統、マレーシアでの生活体験談、海外で働く、ということ。

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

マレーシアには独特の魅力があります。ほかのアジアの国には無い、マレーシアだけのもの。それは、多民族国家ということです。マレーシアは、歴史上もっとも成功した多民族国家と言われています。

街で闊歩する女性の装いを眺めれば、スカーフを頭に被ったマレー系、パンジャビの裾が風に揺れるインド系、セクシーに足を露出した短パン姿の中国系など、さまざま。服装だけでなく、宗教や食文化もそれぞれ違っている彼らは、じぶんたちの祖先やルーツを大切にしながらも、マレーシアというひとつの国のなかで一緒に生きています。

また、マレーシアはイスラム教を国教としていて、街のいたるところに美しいモスクがあります。マレーシアのイスラム教は観光客にオープンで、お祈りの時間以外であれば、モスクの見学は自由。写真撮影もウェルカムで、観光客向けの説明ツアーを行っているモスクもあります。街にはイスラム教徒向けの“ハラル”を順守したレストランが数多くあり、マクドナルドもKFCもそのひとつ。世界から注目されるイスラム圏という巨大マーケット。そのカギとなるハラルを体感できる希少なアジアの国です。

「みんなが違っていて、それでいい」
それがマレーシアという世界です。

価値観をおしつけたりせず、とても自由で、言いたいことがいえて、居心地がいい。「違う」ことを本気で認めるというのは、根っこはつながっているという「大きなつながり」を感じること。それがマレーシアという世界観です。

2005~09年の4年間、マレーシアのクアラルンプールに暮らして肌で感じた空気感を大切にしながら、穴場のレストラン、驚きの文化体験など、現地邦人誌の編集者として集めたディープな情報をお届けします。

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • マレーシアのお土産 おすすめ雑貨&お菓子20選

    マレーシアのお土産 おすすめ雑貨&お菓子20選

    【2017年版】空港から夜行便で日本を出発すれば、翌日の早朝からたっぷり遊べるとあって、弾丸旅にもおすすめの国、マレーシア。旅といえば気になるのが、現地のお土産事情。国旗や名所をデザインしたかわいい雑貨、帰国後も使える上質な工芸品や服、気軽に配れる伝統菓子まで。マレーシアならではのお土産を紹介します。

    掲載日:2017年11月25日マレーシア
  • クアラルンプールの空港から市内へのアクセス

    クアラルンプールの空港から市内へのアクセス

    マレーシアの空の玄関口、クアラルンプール国際空港(KLIA)は“森の中の空港”といわれ、都心から約77キロも離れています。空港からクアラルンプール中心地までの主要な移動手段は、特急電車、クーポン制のタクシー、バスの3つ。それぞれの料金や所要時間、使い方や注意点などをまとめました。

    掲載日:2017年11月08日マレーシア

ガイドの新着まとめ

  • 初めてのマレーシアの旅。これだけは知っておきたい10のこと

    初めてのマレーシアの旅。これだけは知っておきたい10のこと

    リゾート、食べ歩き、世界遺産まで満喫できる注目度上昇中のマレーシア! 最近では海外のロングステイ先としても人気を集めています。アジアの真髄ともいわれる多民族国家マレーシアに今年こそ行ってみたいあなたへ。知っておくべき記事をまとめました。
    掲載日:2014年04月04日