このエリアに、遂にオープン!

店内の雰囲気

2012年の3月に大阪・南船場に開店したOLD HAT -Shoe Artisans- の内装です。こぢんまりとした中にイギリスっぽい落ち着きを感じさせてくれるのは、兄弟店である東京のOLDHATと共通。この街には意外と初めての雰囲気かも?

小生、以前の仕事の関係で都合6年間関西圏に住んでいたことがあります。1991年から93年それと98年から2002年にかけてで、特に後半の4年間、週末になると飽きずに遊びに出かけていたのが大阪の「南船場」と呼ばれるエリアでした。南隣の心斎橋やアメリカ村地区の喧騒(今は大分静かになりましたね)とも、西隣の堀江エリアのなんとなく東京の代官山に近い雰囲気とも異なる、洗練さと地元密着のベタさ(EVIS系のお店とか当時から「マイリマシタ、ドウモスミマセン……」でしたから)が絶妙に融合した空気感が新鮮だったのでしょう。

当時よりさらに洗練された感が増し、実は周辺に海外の著名な紳士靴メーカー・ブランドを扱う店舗も多々集っている南船場ですが、意外なことに靴の修理を専門に扱うお店がこれまで存在していませんでした。そんな状況を打破すべくこの春、このエリアに救世主的な存在が満を持して登場したのです。と言うことで今回は、2012年3月に大阪・南船場に開業した靴修理店「OLD HAT – Shoe Artisans -(オールドハット シューアルチザンズ)」をご紹介!


次のページはこのお店の設立経緯などについて!