「乾燥のせいで、シワが目立ってきたから保湿に力を入れています」。実はこれ、半分正解で半分は間違っているんです。確かに肌の乾燥もシワの原因の1つですが、加齢によって肌の奥の真皮にあるコラーゲン・エラスチンが減少することもまた原因となります。だから、肌表面にうるおいを補う保湿だけではシワが改善しないことも。シワの種類と対策を正しく知り、アンチエイジングを行いましょう。
まずは、自分のシワタイプを見極めて!

まずは、自分のシワタイプを見極めて!


シワの種類

1  表情ジワ 
顔の表情に合わせてできるシワ。若い健康な肌の場合は表情を戻せば、元に戻ります。真皮のコラーゲンが減って、その部分の皮膚を支えきれなくなり、弾力を失うのが原因。

■表情ジワの対策
年齢を重ねると、肌のハリを支えるコラーゲンの産生量は激減してしまいます。肌の弾力性を保てれば、進行を防げるのでコラーゲンやエラスチンを増やすケアがシワ対策のカギに。レチノールやAHA配合のアイテムがオススメです。

2  乾燥ジワ
目元などによくみられる浅く細いシワで乾燥が原因。水分不足によって細かなシワをつくっている状態で、真皮までは落ちくぼんでいないので、軽くひっぱると見えなくなります。

■乾燥ジワの対策
化粧水→美容液→保湿クリームの順番で水分をきちんと補い、油分で水分を逃がさないようにしていけば、目立たなくなる段階のシワです。ヒアルロン酸入りコスメや、保湿クリームなどでしっかり保湿を行いましょう。

乾燥ジワはリカバリー可能

表情ジワが進行すると、表情を作らなくてもはっきり溝状態で見える真皮ジワになってしまいます。ここまで深く刻まれると取ることが難しくなります。表情ジワの段階なら、まだ薄くすることは可能。この段階でなるべく進行を進めないようにするのがポイントです。
乾燥ジワなら、日々のケアで簡単に薄くすることができるのであきらめないで。上記で挙げたケアを毎日コツコツと行えば、効果を実感することができると思います。

美容皮膚科でシワをケアする治療法

乾燥ジワや表情ジワなど、その方の悩みに合わせて適切な治療方法をお選び致します。日々のケアの効果では物足りない方は、一度ご相談してみてはいかがでしょうか? 今回は最近人気の3種類の治療をご紹介します。

■ボトックス注射
最近は表情ジワだけでなく、小じわも改善できるように。表情筋の動きを一時的に少し弱くし、その効果は約半年続きます(3万1500円~)。既存しているしわの改善効果だけでなく、深いしわとなるのを予防する効果もあります。

■ヒアルロン酸注入
シワの凹みを埋め、ほうれい線や目元の凹みを改善します(5万2500円~)。ヒアルロン酸を注入するとお肌の水分量が戻るため、しわ・たるみが目立たなくなってふっくらとしたハリが蘇ります。お手軽・副作用なしの治療法として人気があります。

■スペシャルスキン・メソセラピー
レーザー治療などでは難しかった目の周囲に出来たちりめんジワなど、小ジワ全般に効果的(3万1500円~)。成長因子・ヒアルロン酸(メソセラピー用)、ビタミン・アミノ酸等を皮膚真皮層に入れ込み、細胞を活性化します。MICO世代のシワはまだこの段階の物が多いので、最初にトライするならメソセラピーがオススメです。